2017/12/17

ホーンボタンからビビリ音

:

ステアリングを交換して30分もたたない内に
メータ周辺からジーーーーーーージージーー
地味に勘にさわるビビリ音が発生。
メータフードや中の配線、
メータカバーの弛みを疑うというね。
ちょっと?バンバン叩くとかさ。

今まで出なかったんだから
優先順位はステアリング!
冷静になれば判るものを。。。
気付けよ自分

ステアリングに耳を近づけて、
やっと気が付くという体たらく。
俄整備の危うさを痛感、、、

んで。
ホーンボタンが怪しい。
手で弾くと見事なビビリ音が
ビーーーーーーン

:

Img_20171217_092326_crop_542x389

:

皿から異音じゃね?
バネを引っ張って、
押さえ付け強度を確保。
解決。

まあね、解れば単純なもんだよなあ
ボタンの構造も然り。
なんともかんとも、
判りやすいやね、オモチャだな

:
:
:


|

2017/12/16

ステアリング交換 モトリタ

:

ボスの押し込みが
重く粘っこいハンドリングの原因なのか
手持ちの別のボス(HKB)に交換して検証。
このボスはモトリタ用に使っているもので、
締め込んでもストッパが効いて
ハンドル根本(車体)に干渉することがありません。

結果
右左折、スムーズになりました。
本来の軽快で安心できるハンドリングに。

やはり
乗り降りでハンドルを上下にこじいて
スプラインが削れ径が徐々に
広がってしまったように思います。

問題のボスは
新品装着時、浅く切ってあるスプラインを
押し切って圧着させる仕組みなので
尤もなことだと思います。
ガタが出たら交換する消耗品と考えます。
スポーツ走行に需要の多いメーカでもあるので
不慮の事故などによる過剰な負荷に対して
アルミが潰れて力を逃がす構造かもしれません。

:

Img_20170528_122041800x600

:

このタイプ(丸穴)のナルディは珍しいと
66本を仕入れたのだそうです。
その最後の一本を僕が、、、という品物です。
店長、思い入れたっぷりの品なのです。
今でもたまに、笑いながら返してーとか言ってきます。
強ち冗談でもなさそうですが、、、

:

Img_20171215_180938816x612

:


まあ、あれです
おっさんの趣味はプライスレス、中途半端がいけません。
そういう付き合いのロードスターですから、
許して貰えるかな
これからも大切に使います。

:
:

|

2017/12/14

社外テールランプ予備

レンズの劣化や曇りも気になるが、
やはり自損事故含め、将来に備え入手。
多分?交換の必要はないけどね、
めったに中古市場に出てこないだけに
精神衛生上よろしくありません。

:


Img_20171214_115825

:

Mテールランプ
専用リフレクター
色、グレースグリーン

@60000

:

お高いのですが
むしろ
即決価格は幸運だった?


参考
2016年6月

Screenshot_20160607034412_crop_368x

無理!こんなんばっかで
待つこと2年以上にて

:
:
:

おまけ

Img_20171214_114610

:
:
:

|

2017/12/12

ボスの押し込み疑惑

再びボスを押し込んだ疑惑?が発生。
ステアリングが重い、粘っこい、真っ直ぐ走らん。
参ったな、原因は降車での負荷だろうか。。。
気を付けてたんだけどなあ、癖になってる?
過去記事:ステアリングの不具合


:


シートを交換して10cmは座面が下がったんじゃない。
店長が試座して真っ先に発した言葉だった。
なんでも
初期のナカマエ、ローバックシートは
現行品より低くかったとのこと。

毎度のことながら有り難い!情報って宝物
(本当にもう会えなくなってしまうのかな
もう誰にも聞けないのが淋しい)

さて本題

そんな事情で
激しく腰が落ち込んでいるから
手懸かりを意識して探さないと
立ち上がれない。
最悪、腰を痛めそうで
本末転倒な状況であるのも事実。
無意識のうちに
ステアリングを押し込んでの降車もあったかと思う。

それで、
ボスを押し込んでしまうと
右左折で円滑にステアリングが戻ってこない。
粘っこいというか、人力アシストが必要になる。
直進では多少のステアの切れ込みがあっても
慣性でステアは自然と定位置に戻ってくるが、、、、
今はどちらかに振られっぱなしで、、、
疲れることこの上なし、てか、怖い!

ボスを新調して検証してみます。

|

2017/12/05

EGオイル、フィルタ交換(14)


:

EGオイル、フィルタ交換

DHにて交換.

累積:114600 km

次回予定 120000 km

:
:
:

Img_20170520_102855800x600


:
:
:

|

«晩秋と