2017/10/14

シート塗装

:

ツートンカラーのローバックシートを
染めQにて黒に塗装
内装がスッキリしました

:

Imgp8011

:


染めQブラック 264ml 9本使用
@1600

シルバーの所のみ塗装
黒とシルバーの境、縫い目は要注意。
境目は2mmほど開けてマスキング。
(塗り残しで気になって引き返したので!)

:

Imgp8008


:

Imgp8000

:

作業日数 3日(晴天の日中)
仕上げまで三度塗り
結構、艶にムラがあって
塗り重ねるも切りがない?印象
ほどほどにて見切る

:

ツートンも良かったのですが
やはり全体的にうるさい感じで
落ち着きません

:

Imgp7938

:

パーツ毎に見れば問題なく
其々、主張があって好みでしたが。。。
光り物を多用して、結局、戻した経緯と同様かと。

:

Imgp8005

:

外観の良さに魅了されて現在に至ります
自然の成り行きだったように思います。


:
:
:
:


|

2017/09/29

以心伝心

台風一過のあの夜

君達がテントから見上げた星々を

もう一度、見届けてきたよ

:

Ggf1_2

1981年の8月、昭和新山

そこの座ってるメガネの彼

:


Furano214


隣には大切な人が

居るから安心したまえ

Bougaku1013

あとだな

君の倅はこの夏、

徒歩で東京タワーから

富士山山頂まで

一度は仲間と無一文の旅


そして忘れ物?を確かめるように

もう一度 ひとりで登ったそうだ
(相変わらずの事後報告だぜ)


Img_20170919_220209522x417

誰に似たん?

今、隣で星を観てる彼女に

間違いないと思う

|

2017/09/24

ローバックシート

:

Imgp7922

:

中古で良品を手に入れました。
黒とシルバーのツートンカラー

:

ナカマエ ローバックシート GTタイプ
¥87000

:

Imgp7923


■状態
よく見かける
運転席ドア側の腰の部分の
劣化はあるものの
破れ無し、
目立つ擦れもありませんでした
シートレール付きの美品という謳い文句
(そこまでではなかったが)

:

Imgp7938
(内装の纏まり感は秀逸です)

:

今回、オクにて高騰しなかったのは
ツートンカラーが幸いしたように思います
黒やVSのタン内装に似合うものは
多少、程度が悪くても
十万は軽く超える人気商品です
幸運でした

■相場感
随分前の中古相場、
下記商品は極端に高い印象です
しかも背中の部分には
穿孔が2ヶ所あっての価格でした。

他にも数点を見掛けましたが
ほどほどの状態で15万前後ばかり
手が出ませんでした(論外


:

Img_20170924_164735800x586

:

現在、新品は26諭吉で再販されています
将来、張り替えることも選択肢にいれると
僕には十万以下が必須条件でした

待てば格安あるんじゃない?
そんな予感を持っていたのも事実です
以前、8諭吉で買った人からの情報では
赤色だったとのこと
やはり色違いは狙い目のようです

そして
当面、劣化による張り替えの必要もないようで
これが何よりでした。

さてさて
腰痛、軽減なるか?
使用感は後日

:

Imgp7944

:


■取り付け時の留意点
シートレール付きは良いのですが、
これはNAに限ってのこと。

何が駄目ってシートベルトバックルは
NBの場合、シートレールに固定されているです。
因みにNAは車体側に付いています。

そのため予備のNB後期シートからレールを拝借、
まるっと入れ換えが必要となります。

実は当所、この違いを知りませんでしたので、
慌てたのなんの。。。バックル無いやん!みたいな
ググって解決となったわけです。
NA用に用意されたシートベルトバックルのブラケット、
ナカマエで追加購入するとこだったよ
危ないあぶない。。。

しかし
NA8だけ何故にバックル取り付けのブラケット、
需要があるんだろうか、、、
今度、誰かに聞いてみよっと

:


Imgp7943

:

|

2017/09/23

清廉


何がどうとは

説明できないけど

あるもんだな


3429362


空気感の違いは

如何ともしがたく

いつものアングルが新鮮です

|

2017/09/16

富良野MTG 2

:

classic red
mm1fase roadster

この車の存在を知ったのは
とある雑誌の記事だった
2005年発行だっただろうか

Furano3


このイベントに

来るんじゃないか?

Furano220a



参加している旨の取材記事を

数年前に見掛けた記憶がある

今は北海道にお住まいだという

根拠とするには

余りにも頼りないが

Furano221a


それは正しかった

間違いなくあの個体だった

手入れもよく綺麗に乗られていて

嬉しくなる

Furano219

現オーナが五年ほど前に

譲り受けたとのこと

事情はともかく

逢えてよかった


Imgp7474


Furano29

mm1の存在と

その方向性を

最初に示唆してくれた

ショップの店長さんに

良い報告が出来ました

Furano2



あの雑誌は

そこの本棚に

あったのです

Furano218


Imgp7500a


僕の今の車に

繋がっているという事実

Furano24


Furano23


Furano33a

Imgp7516a


Imgp7525


Imgp7524

Furano25

Furano28_2

Furano212a



そして更に貴重な

オリジナルの mm1

Imgp7428a


Imgp7425



オーナさんと

お話するうちに

過去に一度

会っているとこが判明

Furano32


いやいやびっくり

確かにお会いしておりました

ご縁ってあるもんですね


|

«EGオイル交換(13)