« お掃除 3 | トップページ | ヘッドカバー間違い »

2012/11/20

べったり

:

やっぱりヘッドの汚れが
気になってしかたない.
かといってこのままゴシゴシ洗うと
プラグに水が侵入、
エンジン不動となった前科があるからね.
(あんときは交差点で
止まってしまって参ったよ@@)

今回は外して掃除することに
決めました!

:

Atr1

:

ひと通りボルトやらコードやら
外すこと30分・・・

初めてお釜の蓋を
開けますと・・・

ちょっとドキドキ

:
:

Atr2

:

あちゃー・・・真っ黒のオイルが・・・
これは大丈夫なのか @@
正常と呼べる範囲なのか?

:
:

Atr3

:

蓋の内側はもっと悲惨なことに ^^;
先日、オイル交換したんで、
オイルそのものは綺麗です.

指で触ると・・・ねっとり ><
タール状になってます.

う~ん、どうする・・・
パーツクリーナでも吹いてやれば
綺麗になるけど・・・
カム側はどう対処するべか?

これはあれだな・・・・ワカランです・・・
ディーラと相談しながら内側の処理は
進めることにしましょう.

:

兎に角、今回は外側を綺麗にする事が目的です.
このまま1000番の耐水ペーパで磨きつつ、
ゴシゴシと洗って終了としました.

:
:

Art5

:

さて元通りに組み付けて・・・
アレレ?一本、どうしても上手く締めこめない場所アリ.
どうも狭いとこでも入るボックスレンチが必要かも.

ここはコードを留めるためのボルトだから
ヘッドの締め付けには無関係.
無理してネジ山潰すのが怖いので、
後日、工具を検討しつつ対処することにします.

ここ2本留めの場所で1本は無事に留めてますから
そうそう緊急性はないでしょうしね ^^

:

しかしショックでした・・・
内側があんなに汚れていたとは ><
あれかなあ・・・
日頃のオイル交換を怠ってきた
ツケってやつでしょうね.
反省しきりであります.

今回、思い切って
開けてみて正解でした.

:
:
:
:

|

« お掃除 3 | トップページ | ヘッドカバー間違い »

お掃除」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お掃除 3 | トップページ | ヘッドカバー間違い »