« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012/12/27

これも

:

A7

:

こんなとこも変えてみる.
プラ製品の劣化、こんなにも違う.
新品の白さが眩しいよ.
やっぱ気持ちいいね.

ロッドホルダー
(EGルームOPEN用のロッド収納ホルダー)
168

:
:
:


| | コメント (0)

2012/12/24

Vベルト交換

自分で出来そうなのかネットで下調べ.
オルタネータの交換を目標に、
先ずはVベルトの交換を
実践してみました.

まああれです・・・オルタネータから
擦れるような音が出始めたのです.
よくもまあ次から次へと
壊れるもんですなあ ^^;

:

A23

:

さてさて先ずは工具です.
ネットでは・・・
ボルトの固着についての記述が散見され、
ついに買いましたSnap-onのブレーカ・バー♪
ついでに衝動買いの
Snap-on・6ポイント・ソケット
8、10、12、14、17mm 5pc
これで安心、勇気百倍!
(モチベーションに頼るしか術がなく・・・
ど素人の浅はかさ ^^;)

:

Before1
(これが初期状態)
:

AC側のベルトを外します.
赤矢印のボルトを緩め、
(追記:左のボルトはそのままで
良いような気がする)
アジャスタボルトは抜き取りました.

ベルトを下に押しつけてベルトを緩ませます.
この時点で外すことは出来ましたが
新品を付けるには隙間が足りません.
(どこを支点にポンプ側が動くのか観察)
最後は力技でポンプを下側に押し切りました!
これで新品を楽々と取り付けることができます.

:

Before2

:

オルタネータ側も同様に
アジャスター付近のボルトを緩めます.
AC側、同様にベルトを下に押したり、
オルタをガシガシ動かすとベルトが緩んで
外すことが出来ました.

さてここからが根気のいる作業です.
オルタネータ交換の下見がてら
この先に進むことにします.

:

A25

:

オルタネータは下側にあるボルトを支点に動きます.
取り外すにはそのボルトを抜く必要がありますが、
このインマニステーが邪魔で抜けない.

そこでステーを外すべく
ブレーカ・バーを使います.
ボルトがパキっと音を立てて緩みました♪
凄い凄い、今までの苦労が嘘のようです.
工具は使ってみないと判りませんね.

:

A22

:

オルタの下側とは必然的にこうなります・・・
車体の下に潜らねばなりません!
初体験なり・・・
下回りってどうなってんでしょ?

:

A27

:

うっ、アンダーカバーだ.

(当たり前ですな ^^;
あっ、オイル漏れの痕跡がありますが、
先日、タイベル交換時に直しました)

しかし、ここが地味に辛い.
タイヤハウスのインナーカバーも
一部をめくらねば外れません.
手を突っ込んでネジを探します.

結局、ボルトやらタッピングビスやら
10本以上あって腕はだるくなるし・・・
土埃が目に入るし、
ここが今回、最も予想外でした.
まあ根気よくやればいいのだけどね.

:

A26

:

じゃーん♪
下からの図 ^^

なんか嬉しい・・・
ただ外しただけなのにね.

さてと、
矢印の隙間にオルタのボルトがあります.
見事にインマニステーが邪魔して
ブレーカ・バーは入りませんし、
ボルトは抜けません.

ステーを先に外します.
これも噂通りの固さでしたが、
ブレーカ・バーで
苦も無く緩めることが出来ました.

:

A20

:

あと一息です♪

これがオルタネータ側(支点)のボルト.
狭くて工具が入れにくく可動範囲も少ない.
イヨイヨ駄目かと思いましたが、
なんとか緩みました!
持ってて良かったブレーカ・バー♪です.

オルタが動くからVベルの交換も
余裕で付けることが出来ました.

これでオルタネータ交換の
目途も立ちました ^^v

:

走行距離
64800km

ベルトV(品番:BPF315909A)
AC側
2362
ベルトV(品番:B6BF18381)
オルタネータ側
2100

:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2012/12/18

ブレーカ・バー、フロアージャッキ

オルタネータ交換に備え
信頼できる工具、ジャッキを購入.
いよいよ後に戻れなくなりました ^^


Snap-onF12LA 3/8
ブレーカー・バー
¥5400

Snap-on
3/8サイズ6角ソケットセット 5個組
¥6400

マサダ・フロアージャッキ
¥20900
手持ちのジャッキと同じトン数ですが、
金額も大きさもひと桁違います.
もちろん信頼性は倍以上なり ^^v

:
:
:

| | コメント (0)

2012/12/15

PCVバルブクリーナ

オイル交換をサボったツケは大きい ^^;
ブローバイガスによる汚れが酷く
(ヘッドカバー開けて@@)
気休めかもしれないが使ってみた.

ディラー推奨品
PCVバルブクリーナ 443ML
¥3150

:
:
:


| | コメント (0)

2012/12/09

磨きます

:

さて仕切り直しです.
今度は間違いのないヘッドカバーを入手して
洗浄、サンダーで大雑把に表面を磨き?
まあ削りましたが正しいね ^^;

:


A2qwq

:

#240番相当のディスクを使いました.
先ずはこんな感じ♪

こっからは手作業です.
#240の耐水ペーパで
ひたすら下地作り

:

A1qwq

:

具体的には・・・
そもそも表面は
このボルト穴周辺のように
凸凹になっておるのです.
(所謂、鋳物としての梨地ですね)

そこで鏡のように仕上げる為には
先ずは表面のぶつぶつになった谷を
ひたすら磨いて無くさねばなりません.
均一になるまでひたすら磨く.

こつこつと.

まあ修行ですな ^^;

この下地作りは
#230→#400→#800と続きます.
・・・やっぱ修行だわ・・・

:
:
:

| | コメント (0)

2012/12/05

グローブ

:

バイクでは必需品だったグローブ.
流石にこの寒さでは我慢も限界.

されど・・・カー用品店には
スポーツ指向のものばかりで
どうもイメージと違った.

仕方ないからネットで探すと・・・
ありました!

:

A1

:

英国ピッタード製のドライビンググローブ。
内側は通気性のよい薄手のウールで
必要以上にモコモコせず、
かといって保温性も確保♪

柔らかくしっとりとした肌触り♪
ウッドのステアリングにピタリと吸い付く安心感.
う~ん、気持ち良いぞよ.

そしてそして、
好いグローブはモチベーションが
全く違ってしまうから不思議です.
ささやかではありますが
変身願望が満たされる
妙な高揚感があるのです.

子供じみてますが・・・
そんなもんなんですよ男って奴は

・・・さて使い心地は・・・
殆ど遊びが無い状態に@@
まさにドライビング・グローブ!
ハンドルの送り側のキレが良いのなんの、
思わずニヤケてしまいます.

もっとも・・・
戻し側は掌を滑らせつつ戻すので、
このグローブだとブレーキが効きすぎて、
旋回途中でぎこちない事に!
慣れるのに少し時間が必要でした.
まあ手を離せばスーッと戻りますが・・・
危ないしね.

ということで!
たいへん良い買い物が
できたのでした ^^v

:

■追記■

当初、ネットで買うことを躊躇いました.
グローブは実際に手を通さないと
その感触に違和感があるものが多いんです.
特に指の詰まり具合!
余るのも窮屈なのもイケマセン.

かといって皮は伸びますので、
最初っからピッタンコ!では駄目なんです.
こればっかりは実物を見ないと不安でした.

それが有り難いことに
こちらのお店は3つのサイズを送って下さいました.
感謝かんしゃです!
(実際はLを選んだけど案の定、駄目.
S、Mを快く再送してくれたんです)

大変お世話になりました.
春には薄手のグローブもお世話になります.

:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2012/12/04

準備:ヘッドカバー磨き

ヘッドカバー磨きとして用意する主な物

■下地処理
サンダー 細目
240、400、800、1000番耐水ペーパ
■磨き
サンダー フェルト、青棒
メタコン→3M:クロメタポリッシュ

:

A3

:

********************
付随する用品

ヘッドカバーの洗浄
サンエスK1(合成洗油:500g)
680
WAKO’Sメタルコンパウンド
1492
Hylomar ハイロマー液状ガスケット
1150
整備工具のストレート

3M クローム&メタル ポリッシュ
ペースト状
2240


サンフレックス
ホビーランドサンダーホイール#240、H-532
860
サンフレックス
ホビーランドサンダーホイール#100、H-531
860
サンフレックス(samflex)
手作業専用フレキシブルシャフト No.CMA-34
2,055


■タペットカバー エンジンヘッド(Yオク
裏側刻印 BP4W
3980
NB8Cのものと判明 ><

タペットカバー(Yオク
裏側刻印 B6MC
3900
NB6C

■予備の装備品
幌カバーNA黒(Yオク
4100

■オーディオパネルの塗装
木目塗装剤、ウッド調(Yオク
1700


計 22157

| | コメント (0)

タイベル、ウオポン交換

修理:ウォータポンプ、タイベル他の交換

症状:
エンジンからの異音(ひよひよ参照
ヘッド後部からのオイル洩れ
期日:11月22日
走行距離:64000km(概算)

■ベルト交換
ベルト タイミング、
5512
アイドラー、タイミング ベルト
4914
テンショナー、タイミング ベルト
5691

■ガスケット交換
シリンダーヘッド ガスケット
5260
ヘッドカバー ガスケット
2625
エキマニ ガスケット
1575

■ウオータポンプ交換
ウオータポンプ
13020
サーモスタット
2142

■ホース類
ウォータ ホース
1375
クランプ ホース×3
849
ウォータバイパス ホース
850

その他 8種類のホース
7296

■ラジエター液
LLC(クーラント) 3L
3213

■その他
ガスケット、シール、Oリング、クランプなど

部品代計
65152

:

■技術料
シリンダ・ヘッド・ガスケット取替
48157

ウォータポンプアッセンブリ、ガスケット取替
4410

オイル・シール(カムシャフト、フロント)取替
オイル・ポンプ・オイル・シール取替
タイミングベルト取替
5292

値引▲
3011

合計
120000
(114286、消費税 5714)

:
:
:

| | コメント (0)

2012/12/02

ヘッドカバー間違い

:

A12

:

あの真っ黒けのヘッドカバー
ここまで綺麗になりました.

:

A2
(画像のヘッドは中古で入手した予備)

:

使ったのは サンエスK1
説明にあった4%溶液を約30℃にて
浸け置き1時間.

殆どが綺麗に剥がれ落ちていました.
隅にこびり付いた汚れは
ブラシでゴシゴシすれば大丈夫.

う~ん、科学のチカラは凄いです.

:

ところで・・・
この画像(予備)のヘッドカバーがいけません.
使い物になりませんでした.
折角、買ったのにサイズが違います ><
20mmほど長いんです.

同じ車種なので大丈夫と
思い込んだのがいけませんでした.
ろくに確認もせずサンダーで磨き始めてます.

気付いたのは、
今日、本来ついているヘッドカバーの内側を
サンエスK1で綺麗にしようと思い、
外したからなんです.

それまで全く気付かなかったのが情けない・・・

:

A13

:

あれれ?って・・・
2つ並べて較べたんですよ.
ガックシ・・・じぇんじぇん別物.
もう表面は剥がしてますから
交換は無理ですねえ とほほ・・・

車種は同じ NB6Cとのこと.
すると年式によってヘッドが違うと?
NBは1型から3型まであるもんねえ・・・
どうもここらが怪しいです.

兎に角、同じ間違いを犯さぬよう、
ディラーでNB1型のヘッド(品番など)について
あれこれ教えて貰おうと思います・・・

毎度まいど・・・問題を持ち込んで
申し訳ないです、ディラーさま.

追記 12/3
確認したところ・・・
裏側の刻印に、
B6MCとあるものがNB6Cのモノ
BP4WとあるものはNB8Cのモノ
と回答を頂きました.

入手したのはNB8Cでした
・・・そりゃ駄目だわ ><

:
:
:
:


| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »