« ヘッドカバー磨き 8 | トップページ | 再生 »

2013/02/10

ヘッドカバー(鏡面)、インテークパイプ、タワーバー取付け

:

磨き終わったヘッドカバーの交換に伴い、
いよいよEGルームの模様替えです.

:

A143

:

インテークパイプを外し
暫しの間、ガムテープで塞ぎます.

さてお釜を開けましょう♪
約三ヶ月ぶりのご対面ですが・・・
PCVバルブクリーナの効果はあったのか?

じゃーん!

:
:

A142

:

ふむふむ・・・
蓋は洗浄して組み付けましたからね、
まあこんなもんでしょう・・・
ってEGオイル!汚っ ><

こりゃ交換まで1000kmも待てませんなあ
要検討!

:
:

A141

:

う~ん、少しは綺麗になっているような?
オイルが汚いから判りにくいけど、
こびり付いてるネバネバ真っ黒の汚れは
かなり減っています.

さて本題に戻りましょう♪

こびり付いている液体ガスケットを掃除して
新たに液体ガスケットを指定箇所へ点置きし・・・
(ここが地味にイヤ、べちょべちょ、ねちゃねちゃ ^^;)

さて!
バフ掛けのヘッドと交換です

※ヘッドカバー ガスケット ¥2625 は
前のタイベル交換時に新品交換済.
ゴム製品なので使い回しとします.

:
:

A136

:

おー好いじゃん♪
なんかもう痩身美容エステって感じ ^^
一回り小さくなったような・・・不思議なもんですね.

元のカバーは磨き直し再登場の日まで
大切に保管します.
磨き直しは夏頃?

:
:

A140

:

こうなると
インマニ側も磨きたくなるのが人情ですよねえ・・・
Yオクでパーツが出るの気長に待ちましょう.

:
:

A134

:

化粧ボルトを手で絞めて
トルクレンチにて二段階で締めこみます.
6Nm→8Nm
(指定トルク:7Nm~9Nm)
正直、こんなに緩い?と思うほどでした.
やっぱり脳内トルクは駄目ですね ^^;

:
:

A139

:

新調した
「ど~だインテークパイプ」の取付です.

:
:

A137

:

なるほど、パイプが届きません.
指示書では既存ゴムパイプを切断して
付属のアルミパイプで継ぎ足すとのことですが・・・
その距離30mm、アルミパイプも30mm.
これって短くね?

:
:

A135

:

確かに届きましたが、
かなり無理して引っ張ってます.
ヘッドの角に干渉してるし ><

こりゃどこぞで
アルミパイプを探さなきゃなあ.
宿題となりました.

:
:

A1312

:

これも新調したアルミ・タワーバー.
バフ掛けしたカバーとの
マッチングがイイですね.

取付はアッパーマウントとの共締め.
固定ナットの指定トルク: 30~38Nm

:

A1352

:

赤矢印がブレーキシリンダーを支える部分.
所謂、ブレーキ・シリンダー・ストッパー(B.C.S. )
ブレーキペダルを踏み込んだ時に
しっかり受け止めてくれるから
ふにゃふにゃした感じが軽減される?らしいです.

:
:

A131

after

:

これが新たなEGルーム♪
一回り小さくなったような感じです.
(スカスカになったような ^^;)

兎に角、
最後まで諦めず磨いた甲斐がありました.
とってもいい感じ♪
磨いたカバーだけだと浮いてしまいますが、
思い切って同時交換して良かったわあ ^^v

:

Ads1
:

before

:
:
:


|

« ヘッドカバー磨き 8 | トップページ | 再生 »

パーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘッドカバー磨き 8 | トップページ | 再生 »