« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013/04/30

インマニ磨き 9-1

:

1500番まで終わりました.
ここからは磨き剤による鏡面作業です.
1:メタルコンパウンド -->
2:3Mクローム&メタルポリッシュ -->
3:フッ素コート剤.

:

B36

:
先ずは1、メタコン作業ですが・・・
今回はバイクのレストアで使用した残り物、
「花咲かG」を使ってみました.

:
:
:

B37

作業後の図
:

デジカメを構える自分の映り込みが
はっきり判ります.

この商品の実力は
バイクで何度も体験済みだったけど・・・
いや~改めてその実力を実感♪

さてメタコンと比べると
どうでしょうか?
後日、反対側で比べてみましょう.

:
:
:

B38

:

この映り込みが好いのです ^^
苦労したかいがありました.
よーし、GW中に完成させよっと♪

あっ、車に実装するのは未定です.
この中古インマニは
スロットル付きだったんだよねえ ^^;

:
:
:
:


| | コメント (0)

2013/04/26

インマニ磨き 8

:

B40

:

こっち側のみ
1500番まで終了 ^^

:
:
:
:

B41

:

おー、800番まで終わると
少し映り込みが出てきました.

:
:
:
:

B42

:

せっせと1000番、1500番で磨くべし ^^

:
:

B35

:

消えないキズや荒れた肌は
240番まで戻り追い込みます.

:
:
:
:

B43

:

1500番までくると
映り込みが
はっきりとわかります.

あと少しです.

:
:
:
:


| | コメント (0)

2013/04/23

気分転換に

:

Aqq113

:

いい季節になりました

:
:
:

Aqq105

:

前を遮る車も無く
暑すぎず
寒すぎず

:
:
:
Bb4

:
:
:
:


Aqq108

:

快適に
すっ飛ばしてきました.

:
:
:

Aqq103

:

片道1.5時間のプチ・ツー♪
こんくらいが気分転換にヨロシイようで ^^

:
:
:

Aqq100

:

三河湖にて

:
:

Aqq102

:
:
:
:
:

Aqq1001

:
:
:
:
:

Aqq114

:
:
:
:

| | コメント (0)

2013/04/16

:

B31

:

ここにも鬆(す)が入っている.
結構な大きさで深い,

あっ、スの漢字は
骨粗鬆症と同じ字だった.
意味合いも同じだね・・・
まあインマニ磨きでは強度よりも
見映えが優先されますが ^^;

:
:

B33

:

ゴリゴリ削るも・・・深いわあ・・・

ここはスロットルとの合わせ面、
支障がないか不安だが・・・
形状が変わってしまうことも
覚悟して・・・もう少し我慢・・・


:
:

B34

:

うーし、消えた!
スロットル側と合わせると、
ぎりぎりセーフ 危ねー @@

牛歩の歩みなれど、
まあ確実に前進しております.

:
:

B32


あーまた凹んでるとこ発見.
地道に修正してゆきます.

:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2013/04/14

インマニ磨き 7

:

B23

:

目立つこちら側を先に
400番まで終わらせました.

しかし・・・
相変わらず棒ヤスリ、180、240番を
部分的に使用しています.
区切りとして
その経緯を整理してみますと・・・

:
:


B20

:

これが現状のインマニ.

:
:

B21


:

メクラ蓋とインマニステーが付くところ.
ここは見える部分です.
梨地と型枠痕、縁はバリでトゲトゲ ><
これを全て均す作業が続いていました.

兎に角、最初は電動工具を駆使して
ザックリ表面を削っちゃいます.

:
:

B24

:

すると手が滑って
工具の先端があらぬ方向へ ^^;
深い傷ができますが・・・リカバリーは容易です.
ひたすら磨けば消えます.
問題は赤丸のスが入ったところ.
削っても削っても・・・出てきます @@
ここは諦めました.
同様のケースは他にも散見されます.

:
:
:

B26

:

そして最も多いのが
電動工具の扱いが雑なのでしょう・・・
肌が凸凹になってるケース ><
それを見つけては(赤丸)
棒ヤスリでガリガリと整形、
180、240番でキズを消し込むのです.

:
:

Aqwq1

:

所々、変な形のとこがあるんで
できるだけ単純な面に整形します

:
:

Aqwq2_2

:

すっきり!

ちゅうても
ここって見えるのか? ^^;

:
:
:

B27

:

一番、荒れているところ.
ここは覗き込まなければ見えませんが、
そりゃねえ・・・知ってる人は
最も見たくなる場所だと思う!
少なくとも自分はそう.
ここの処理を確認したくなる ^^;

Aを切断、Bの荒れた肌を均します.

:
:

B28

:

ベルトサンダーから棒ヤスリまで使って、
形を整えつつ
ひたすら削ります.

:
:

B29

:

平滑面ではありませんが、
今はこれで良しとします.

400番以降は磨きの行程.
やっと近づいてきました.
えっと、今までは削りが中心の
インマニ磨きだったのです.

さて次は800、1000、1500番です.
仕上:メタコン、クロームメタルポリッシュ
コーティング:フッ素コート

まだまだ道のりは遠く ^^

あっ、まだ400番、反対側が残ってました.
ぼちぼちゆきます.

:
:
:
:

| | コメント (0)

2013/04/11

あのね

:

B12

:

ここがね

:
:

B11

:

めっちゃ・・・

:
:


B10

:

好きーーー 

:

インマニ磨き
少々、飽きて参りました

:
:
:
:

| | コメント (0)

危険なタッピングビス

:

B3

:


このプレートは薄いアルミ板.
シールじゃないんだなあ・・・
質感もヨロシ♪

だ・け・ど
留めてるネジを交換した!

:
:

B4

:

いつかやるだろうと思ってたんです.
こいつのお蔭で流血 ><

:
:

B5

:

ここを掃除する人達だけが知る
事実なのでありました.

:
:
:
:

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »