« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013/05/30

部分塗装

まだ使えるものは交換しない.
基本は維持するための車弄りだった.
幌と同時交換を考えていた
ベルトラインモールの新調より
ボディのキズの手当てを優先すべきかも.

:

D56

:

ドアモールがボコボコです

:
:
:

D57

:

タッチペンで養生してますが、
モールの角は、何度、塗りなおしても
厚塗りになってポロリと剥げるし
地金までいっちゃってるもん.

部分塗装って
3万前後で収まるのか?
ちょっと見積を貰おうかと思います.
問題は、
どこにお任せするかだよなあ・・・

:
:
:
:

| | コメント (0)

2013/05/29

幌交換 事前準備

:

K11

:

さて幌交換ですが・・・
いつものように事前確認と必要工具、
消耗品の手配、考察です.

:
:
:
:

D55

:

先ず幌以外に用意したのは見ての通り.
特に記しておくことは・・・
レインレールと幌のリベット留めです.

昨年、レインレールを交換したときは
防水テープで穴を塞いでいます.
一年経って特に水漏れも無く過ごしましたが、
後ガラス窓近辺の張り具合が、
少々、たわんだような ^^;
今回はリベットで元の状態に再現、
しっかり留めようと思います.

上記に必要なリベット 13本
径4mm、長約10mm
締付可能板厚 4.8~6.4mm
(余るあまる!55本入り)
そこに使うワッシャー 

その他、幌骨に片側5、両方で10ヶ所.
(幌に同梱されていたサービス品を使用、感謝)
よって必要なリベット数は合計23本です.

:
:

D52

:

丸く擦れてます.
畳むと干渉するのかな?
要確認です.

:
:

D54

:

片側に3つ、両方で6個の
ウエザーストリップがあります.
ゴム素材であり引っぱると
小さな亀裂が散見されるも
現状は雨漏りも無く問題なさそう.
いつでも交換できるパーツなので
今回は現状維持.

悩むのが後部ボディとの
境にあるベルトラインモール.
これは幌を外さないと交換できません.
現状、汚れは目立ちますが使えます.

さて今回、見送ると次は10年後?
パーツ代は確実に値上がりしてるだろうしなあ.
何より10年後に交換するとしてよ、
更に何年、乗り続けるだろうか・・・
ここはスパッと交換するのもアリだよな.

:
:

D53

:

フロントヘッダー.
ここも幌交換とは直接関係ありませんが、
ゴムの擦れが酷い場所です.

既に部品、発注済み.

:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2013/05/27

E/G 2

:

同じようなアングルがあったので
並べてみます.
:

Ae5

:

タワーバー(Yオク)の装着と
青いプラグコードを新調した頃.
E/Gルームは
水かけて洗った程度なんだけど、
十分、満足だった・・・はず ^^;
ほんとドロドロだったんです.

:
:

Art5

:

本格的に掃除を開始.
アルミ部分に不満を感じ・・・
ならばと磨きに嵌る ^^;

:
:

A155

:

タペットカバー磨き終了.
イメージを合わせるべく
タワーバー、インテークパイプも交換

:
:

D51

:

インマニ、スロットル磨き終了.

:

さてエキマニだよなあ・・・
機能としては何の不満もないので
このままで良いのだけどね.
また皆さんのエキマニを
参考にさせて頂きます.

そういう意味でも
軽井沢MG、行きたかったなあ.
中部MGは行かなくっちゃ!

:
:
:
:

| | コメント (0)

2013/05/25

E/G

:

D30

:

2013、5、17
スロットルまで磨き?お掃除終了.
綺麗になりました

:
:
:

D31

下側の足もスッキリ.

さて過去のE/Gの状態を
辿ってみますと・・・

:
:

D50

:

2013、5、17 現在

:
:
:

C57

:
2013、5 、11
インマニ磨き終了
(スロットル磨いてないの図)

:
:
:
A131

:

2013 、2、10
タペットカバーの磨き終了

:
:
:
:

Ads1

:

2012、11、17 のエンジンルーム.
せっせとオートグリム(専用洗剤)で
洗ってましたねえ.

:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2013/05/22

シャスト ホワイト

:

A112a12

:
:

Chaste White

この車は写真の通り、
真っ白ではなく少しクリーム色です.
でも陽射しの強い場所では
ボディは白く輝いて
こんな風に撮れることは
まずありません.
 
少し薄曇り?夕刻の斜光が
幸いしたのでしょうか?
本来の色はこんな感じ.
ピュア・ホワイトよりレトロなイメージで
好きなんです.

因みに 

Chaste は
フランス語読みでシャスト
英語読みでチェスト
意味:純潔、簡素な

:
Asdqwe2
(photo 29, jul, 2012 )
:

この色味から思うに
シャスト・ホワイトは飾らない、
落ち着きのある白なんじゃないかと、
勝手に解釈しております.
NAからNBにデザインが変更されても
この車が放つノスタルジックなイメージは
ボディ色として辛うじて
継承されているじゃないかなあと.

次のマイナーチェンジ、NB2型になると
設定色はピュア・ホワイトに変更されます.
意味としては同じような純潔ですが、
受けるイメージは真逆となりました.

鮮烈で真っ直ぐで尖ってる.

ここにきてロードスターは
よりスポーティで現代的な車へと
本腰を入れて舵を切ったように思うのです.
まあ元々、NBはスポーツ指向、
それを狙ったデザインと思っておりますが・・・

自分がNBでもノスタルジックな
雰囲気を求めてカスタムしているんで
シャスト・ホワイトへの
勝手な思い込みがあるんです.

:
:
:

| | コメント (0)

2013/05/20

nostalgic

:

Bl1

:
:
:
:
:

D45b

:
:
:
:
:

Aqa1111

:

記憶色を補完する作業が心地好い.
この車だけが持つ
もうひとつの楽しみ方だと思う

:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2013/05/19

おはくら 5月( i )

:

降水確率 70%
:
D47

:

午前中なら大丈夫でしょ.

:
:
:

D38

:

フル・オープン♪

:
:
:
:
:


| | コメント (0)

おはくら 5月( i i )

:

D40

:

いい季節になりました

:
:

D42

:

おっ、あれは鉄っちん風アルミ・・・
コーンズのホイールですね.
リムがなかなかよろし.

っで、お隣さんは Jリミの・・・
んんん

:
:

D43

:

これは何?
オーナさんにお聞きすると
予想以上の反響に @@ だそうで.
まあそりゃそうだよね、
M2モデル:1028にオプションで用意されていた
ホイール「テクノマグネシオ」でした.
(詳細はさっきネットで調べました ^^;)

こういう出逢いがあるから
MTGってイイですね.

:
:

D45

:

うん、NAによく似合います.

:

今回も楽しいひと時を
ありがとうございました.
さあ、来月は幌どうするべ・・・
:
:
:


| | コメント (0)

NEW 幌

:

社外品のクロス幌(色:ダークルビー)が
遥々と海をこえてやって参りました.
:

D35

:

待つこと3ヶ月・・・
いやあ、あれです、なにが凄いって、
凄まじい円安の嵐.

発注した2月初旬は
95円に迫る勢いだったかなあ・・・
それが今朝のニュースでは103円 @@
大丈夫かよ・・・マジで・・・

取り扱って下さったショップ様
発注時の表示価格で販売下さり、
ありがとう御座います・・・
なんか・・・スンマセン・・・

さて交換ですが、
真夏のメンテは大嫌いなので、
梅雨前にやっちゃうか、
10月過ぎまで待つか思案中.
汗だくは我慢できても
大挙して押し寄せる蚊がね ><

:

クロス幌(熱線なし)、ダークルビー
米国、E-Z ON AUTO TOPS 社
(2月8日発注、5月10日着)

¥49000

:
:
:

| | コメント (0)

2013/05/17

インマニ、スロットル(鏡面)取付け 3回目

:

これで三度目のトライ.
さすがに今回ばかりは、
手順、消耗品、トルク管理に抜かりなく
用意周到にて交換しました.
3度目なので要点だけ.
:

■インマニ取り付、トルク管理■
中央から外側、更に対角線で仮締め、本締めと
指定トルクにて二段階で取り付けます.
一回目:15Nm
二回目:23Nm
(指定トルク19-25Nm)
:

■インジェクターの取付け■
ゴム関係は全て入れ替え.
実はインマニ交換に慣れてくると、

D27
(前回交換時の写真、赤丸よりガソリンが漏れました ><)

この取り付けが一番やっかいです.
四本を一度にインマニ側へ刺し込むことは難しく、
必ずどこかが浮きます ^^;
:

D29

:
なので
①:カプラーから外して
最初にデスビにしっかり刺し、
ここの浮きを無くしてから、
インマニ側へ四本をあてがいます.
:

D28
:
上手く嵌れば良しですが・・・まあ無理!
四番から一本ずつ確認しながら
狭いスペースに指を突っ込んで
丁寧に差し込んでいきます.
:
:

②:次にデスビを固定します.
D26
:
インシュレータ(A)を落とさぬようセットし
ボルトを刺しますが・・・
この時点で再びインジェクターが浮きます.
最悪、外れてる ><
確認必須です.
OKならボルトを締めて完了.

■後は燃料ホース、スロットルなどを
元通りに戻して終わりです.

※フロントタワー・バーの取付は
アッパーマウントとの共締めにて.
指定トルクは固定ナット 30~38Nm

:

D33

:

エンジンに火を入れます.
イグニションON・・・
燃料がパイプを伝ってゆきます・・・

カカカカ・カ・・・
一度目は音沙汰なし、

カカ・ブルン・ン・・・
二度目はすんなり火が入りました.

いやあ緊張するわあ ^^;

ガソリン漏れ、異音、LLCを確認、正常でした.
でもちょっとタペット音が大きくなった?
まあ気のせいかな.

:

D34

:

作業時間は外しに2時間、
組付け2時間.
(ジャッキアップ~後片付けまで)
まあ3回目となると
かなり丁寧に余裕をもって作業出来ました.

そうそう、最初、インマニ下側のボルト、
狭くて四苦八苦してましたが、
何のことはない、指、届きます!
手首まで思いっきり突っ込んで、
グリグリやれば問題なしでした.
やっぱ慣れって大事ですねぇ.

:
:
:
:

| | コメント (0)

2013/05/16

スロットル磨き 2

:

D18

:

綺麗になりました.
やっぱり磨くというより
掃除したってレベルだなあ.

:
:

D223

:

うん、眺めよし.
これにて終了です.

インマニ取付のトラブルで
結局、ここまで来ちゃいました.

:
:
:
:

| | コメント (0)

すったもんだ トルク・レンチ

:

一本目のトルクレンチ(5-25Nm)に続き
二本目のトルクレンチ(10-50Nm)を買いました.

:

D224

:

今回のインマニからのエアー漏れ.
ガスケットの使いまわしが原因ですが、
そもそも経験もスキルも無くてさ、
エンジン本体への脳内トルク頼りは
大いに問題アリかと ^^;

整備書の指定トルクは
19-20Nmと38-51Nmだとか.
ディラーさん、いつもお世話になります.
あーやっぱりね、
ナットとボルトじゃ違うのなあ.

って、ほんとか!
冷静になって考えるに
トルク数値は倍も違う @@
だいたい同一部品の取り付けに
数値が違うってアリか?

あっ、そうだ思い出した!
ずっと前に整備書は買ってたんだ ^^;

:

D225
(マルハさんで購入¥3,990 ¥1,050)

:

早速、確認!

19-25Nmのみ.

うーん、一応、電話でディラーさんに
お知らせしときました.
案の定、見誤りだったとさ、あぶねー ><
持っててよかった自前の整備書!

じゃ・な・く・て・・・

何の為に買ったんだよ自分・・・
そもそも手持ちのトルクレンチで事足りてるし、トホホ.
こんな機会でもなきゃ買えないから由としましょ.

まあ兎に角、
勢いだけでやってちゃダメですね.
もっとエンジンを労わらねば.

しかーし・・・高価な工具に違いはなく・・・
ホイールなんて脳内トルクだもんね.
これには三本目の30-140Nmのトルクレンチでしょうが、
まだエンジン周りでは必要ない?と思われ、
やっぱ買えないわあ.

:

東日 QL50N-MH
10-50Nm
¥12900

:
:
:
:

| | コメント (0)

2013/05/15

スロットル磨き 1

:

D10

:

ロドが未だ不動車なんで ^^;
磨くことにしました.
先ずはバラしたほうが
磨きやすそうですが・・・

:
:

D12

:

分解しようと試みるも、
Aを抜くにはA’のネジが
カシメてあって断念.
B’はプラスネジ.
手持ち工具では固くて回りません!
山を潰すかも ><
でもってB部分は六角ボルトならぬ
五角形になってるし.
どうもこう・・・触っちゃならぬ気配が濃厚.
(ヘタレなだけですが ^^)

:
:

D11

:

なははっ、外したのはココだけ.

因みに
このスロットルは
予備ではありません
:
:

D13

:

まあ出来る範囲で
磨いてみましょう.
ちゅうか掃除だね ^^;

240、400、1000番、
メタコンの予定

:
:

D14

:

グロメット塗装は
400番で

:
:

D15

:

こんな感じ.
付根はちょっと届きそうもないので
このままとします.

:
:

D16

:

1000番まで終わりました.

:
:
:

| | コメント (0)

2013/05/12

インマニ・ガスケット失敗

:

インマニ交換を失敗しました.
正直、げんなり・・・自己嫌悪.
貴重な休日が終わっちまったよ.

:

D9

:

原因はアルミ素材のガスケット.
(スロットル側も同様)
使い回しすると、
エンジンONと同時にえらい音が ><
ズギューン、ズギューンって吠えて沈黙.
まあ盛大にエアーを噛んでますこと ^^;

貧乏性はあきませんなあ.
潔くその都度、同時交換しないとね.
当然、アルミに可逆性はありません.
判ってるのに何やってんでしょ.

こんなん基本中の基本だろうなあ.
お恥ずかしい限りです.
早速、ディラーに部品発注、
一応、症状を確認すると・・・
同じ見解でした.

:

D8

:

そうそう、インジェクターの取付も
雑に扱うと漏れますね ^^;
その手順にやっと慣れました.
ここのOリングもヤバそうです.

:

インマニ・ガスケット
¥850

ガスケット(スロットル)
¥399

サーモガスケット(スロットル)
分解時の予備として
¥2278 まじか@@

インジェクター
Oリング×4
¥672

同、グロメット×4
¥672

同、インシュレーター×4
¥1092

フューエルディスト・インシュレーター×2
¥756

:
:
:

| | コメント (0)

2013/05/11

インマニ磨き 11

:

D1

2度目のインマニ外し.
余裕をもって出来ましたが・・・
それほど時間はかわりません ^^;
(これは数日前の出来事)

さてインマニの足、下側.
再び磨き直しです.:

:
:

D2

:

ここにねえ・・・
お約束の鬆(す)があるんです.
四角部分は縦キズが残っています.
(判りにくいですが酷い状態)

:
:
:

D3

:

鬆の部分は棒ヤスリで整形.
キズは240番からやり直しました.
他の足も同様に見直しました.

:
:
:

D4

:

ここは最悪です.
鬆が消せるかと
攻めてみましたが・・・

:
:

D5

:

やればやるほど深くなる ><
たぶん穴が開いてしまうかと・・・
これで止めました.

:
:

D7

:

メタコンで磨いて完成です.

:
:

D6

:

明日にでも元に戻しましょう.

:
:
:


| | コメント (0)

その向こう側に

:
Ss5

:

二輪であることの軽快感は
四輪とは比べるまでもない・・・
いやいや、全く次元の違うものだ.

トラクションを掛けながら
駆け抜けるコーナの向こう側に、
頬を打つ雨粒の痛みに
切り裂く風の音、
焼ける鉄の匂い
その鼓動

:

Ss2

:

身体に沁みつく記憶の数々.
やっぱりバイクを手放すなんて
ありえないと思った

:

インマニの再磨きで
エンジンはバラしたままだ.
通勤にバイクを引っぱり出している.

今日の雨で久々に合羽のお世話になった.
何より雨の匂いが懐かしいわあ.
肌にパチパチ当たる雨は
痛かったんだよなあ.

まあバイク歴は30数年だ・・・
いくらスキとは言っても、
やっぱ車弄りはニワカでありますな.

:
:
:
:

| | コメント (0)

2013/05/10

丸形補助ミラー

ドアミラーをS800風に交換したとき
補助ミラーも買っていました.
助手席側の視認性が悪いのです.

:

A97_2

:

全体を「サークル:丸い」イメージで
カスタムを進めていましたから、
丸型を探しました.
後追いですが記しておきます.

実は安価なものを
近在のカーショップで買ったんですが、
付けてみてビックリ@@
大きさも角度も好みじゃない.

そして吸着力が弱い?
すぐに落ちちゃう!
っで、ネットでみつけたのがコレ.

:

C59

:

レバーを倒して吸盤の空気を
押し出す仕組みが気に入りました.
今まで走行中に
落ちたことはありません.

首の長さは余裕があって
フレキシブルな構造.
自由度は非常に高いです.

:

C58

:

さてミラーとしての実用性は・・・
確かに視認性はいいのですが、
凸面にて広角に映るからね、
距離感は当てになりません ^^;
車線変更は今も目視必須です.
まああれです、
慣れの問題ということで・・・
精神衛生上はヨロシイかと.

:

Herbert Richter 丸形補助ミラー
(ハーバート・ リヒター)
\1680
購入日:2012/3/25

:
:
:

| | コメント (0)

2013/05/07

代償

:

C61

:

上からインマニを覗くと・・・
エンジンとの隙間から下の足が
バッチリ見えた!
もう見え過ぎて嫌になっちゃう.

:
:

C60

:

磨き途中で何度も現車を確認したけどね、
まあ確かに見えるとは思ったよ・・・
まさかココまでスッキリ見通せるとは@@
下の足が荒れている ><

でもね・・・
見えるから駄目なのか?
ちょっと違うよな.
先走って大切なことを
置き去りにしてしまった.

趣味は自己満足の世界.
磨き行為なんてその究極だもん.
キッパリ引き返します.

インマニ、再磨き決定です.

:
:
:
:

| | コメント (0)

インマニ(鏡面)交換 ( i )

:

インマニ交換をすることにしました.
本当はスロットルも同時交換を考えましたが、
なにせ素人の交換作業です・・・
不具合の原因は少ないに限りますから.

:

C10
(養生テープで不慮の打痕、擦れキズを予防)

:

まあ一度に終わってしまうと
飽きてしまう性分でもあるからね.
急がず慌てず ^^ です.

:
:

C12

:

■ 手 順 ■
1:バッテリー、右前輪、タワーバー、アンダーカバー外し
2:LLC(冷却水)抜き、スロットル、ホース類、コード類外し
3:インマニ下側ボルト 緩め
4:燃料ホース処理、ディストリビュータ外し
5:インマニ上下ボルト、インマニ摘出
6:インジェクターのシール類、ガスケット交換
7:逆の手順で組み付け、LLCエア抜き、終了
*************************************************
※手強い?のは3、4番目.
※実質作業時間は5時間でした.
※詳細は別記事にて
(記事番号と手順番号に関係性無し)

:

おまけ

C11

:

ここLLCによる腐食、錆が激しかったので
在庫の錆び止め塗装にて養生します.

:
:

C13

:

前回、オイル漏れ(雫)があったところ.
じっとりべったり状態 ><
やっぱ滲んでますねえ・・・
車検は大丈夫そうですが、
将来の課題(クラッチ交換?)と共に

:
:
:

| | コメント (0)

インマニ(鏡面)交換 ( i i )

:

C16

:

LLC抜き.
ペットボトル(2L)と綺麗なオイルパンに受ける.
ほぼ4Lかなあ・・・このLLCは再利用します.
(※半年前にタイベル交換したため)

:

C14

:

今回はアンダーカバーを
外さずに抜きました.

:
:

C15

:

プラネジ @@ ・・・破損注意!

:
:

C17

:

アンダーカバー外し.
こんだけのネジ(三種)が使われています.
仕方ないけど地味に辛いわあ・・・

:
:

C20

:

ざっと手順を確認すると・・・ガソリン臭が・・・
まだ燃料パイプは処理していません!
どうやらインジェクター(赤丸)をグリグリ触ると
ガソリン臭がするようです ><
確実に漏れてますな・・・

:
:

C21

:

ここのインシュレータも要注意!
ボルト外してパーツを抜くときに
うっかりしてると落ちます ><
エンジンの底の底
予備を持ってないから慎重に

:
:
:

C23jpg

:

インマニを外すには・・・
上側に5ヶ所、下側に4ヶ所のボルト(ナット含む)がありますが、
見ての通り上側はインジェクターに燃料を分配する
ディストリビュータを先に外す必要がありjます.
また下側は狭く、
工具を上手く使わないと届きません.

:
:

C19

:

先ずはインマニ・ステーを外して、
下側のボルトを全て緩めてしまいます.
ここで挫折しても戻るのは容易だからです ^^;
兎に角、狭い!

:
:
:
:

| | コメント (0)

インマニ(鏡面)交換 ( iii )

:

C27

:

下側のボルトは
こんな感じで探り当てて、
狙いを定めて・・・
ブレーカバーでパキッと緩める.

:
:

C26

:

結局、使ったのは
エクステンションバー 50、150mmの二本.
ユニバーサルジョイントは必要ありませんでした.
でも備えあれば憂いなし ですね.

インマニは前に記事にしましたが、
種類も形状も車種、年式によって様々です.
この方法が全てではありません.

:
:

C28

:

因みに、これが下側のモノ.
両側はナット、中2本がボルトでした.

:
:

C31

:

上側のボルト外しのためにディストリビュータを外します.
(ディストリビュータって面倒な名前だなあ、以降、デスビに省略)
先ずは燃料パイプを切り離なす為に・・・
行きと帰りがあるので、
間違えないようにテープで印を.

:
:

C32

:

なんだか外科医のような ^^;

ガソリン漏れを最小限に.
まあ、少々、毀れますが心配ありません.
勿論、火気厳禁ですけどね.

インマニステー
スロットルのボルトを突っ込んでます.
(クランプは邪魔になるので取りました)

:
:

C33

:

なははっ、これが最終形 ^^;
ガソリンは漏れませんです

:
:

C34

:

インジェクターはカプラが上手く外せないので
残したままデスビを外しました.
この後、インジェクターを抜いて、
一本一本、カプラを外し、シール類を交換しますが、
先ずはインマニの上側のボルトですね!

ここまでくれば簡単に外せます.

: 
:

C30

:

インマニ上下のボルト外し、
燃料パイプ切り離し作業を中心にしましたが、
この間にスロットル、センサー系カプラ等々、
外しまくります・・・デジカメ必須・・・
まあ間違えることないけど保険です.
素人作業は・・・
面倒でも画像確認が生命線なり ^^

:
:

C41

:

はい、取れました.

この汚れ具合、
やっぱ年相応ですなあ.

:
:
:

| | コメント (0)

インマニ(鏡面)交換 ( i v )

:

C43

:

ここでパイプ類の取り回しをします.
外したインマニは大切に保管.

:
:
:

C40

:

さて再びエンジン側ですが・・・
いつも見えない部分ですので貴重です.
オイルフィルターも手探り交換ですが、
まあこんな感じだったのね.

あれれ、スターターの位置に @@
これってインマニ取らないと
交換できないのでしょうか・・・
下から出来るのかな?

:
:
:

C46

:

さてインジェクターの清掃、シール交換です.
この状態でも4番目のインジェクターだけは
固着しているのかカプラーを外せませんでした.
4番目はこの状態で手当します.

:
:
:

C47

:

購入したシール関係とパーツリストから
現状を確認、比較すると・・・

:
:
:

C49

:

酷いのはNo13-257のインシュレータです.
プラかと思うほど弾力性を喪失、
強引に抜こうとして危うく先端を壊すとこでした ><
結局、ニッパーで切断して交換しました.

摘出前、インジェクター周辺から
ガソリン臭がしたのはここが原因でしょうね.
今まで汚れによる固着で漏れなかっただけで、
本来のシール機能は失われていました.

因みにNo-13-158、今回は交換しませんでした.
これが例の落ちるインシュレータです.

:
:
:

C48

:

シール交換と拭き掃除だけですがスッキリ!
やっぱり安心感が違いますね.

:
:

A301

:

交換に使ったシール類
:
:
:
:

| | コメント (0)

インマニ(鏡面)交換 ( v )

:

お約束の新品ガスケットに交換、
逆の手順で元に戻します.

:

C50

:

さてインマニの下側ですが・・・・
あれれ・・・手が入るから不思議です @@
やっぱり慣れですかね~
指先でナット、ボルトを回し込むことが出来ました.
指が届かなかったのは上側右1本だけだったかと
(記憶が曖昧)
まあボックスレンチにジョイント付けて・・・
誰でも出来る作業です.

:
:

C51

:

インジェクターを刺して・・・
この状態ではビックリするぐらい緩ゆる.
デスビで押さえつける仕組みですね.

んで、デスビ、燃料パイプを組み付け、
あれやこれやとコード、パイプ類を繋ぎ、

:
:

C53

:

養生テープを剥がすと・・・
うーん、これこれ♪
苦労したかいがありました.

:
:

C45

:

忘れてたのがココ!
スロットルを組む前に
インマニ下側の蓋(グロメット塗装)を
慌てて磨きました.

:
:

C52

:

ちょちょいと塗膜を剥がして
メタコンで仕上げます.

:
:

C54

:

おー戻ってきましたね.
なにより磨きが美しい♪

あと少しです.

:
:

C55

:

フロントタワー・バーの取付.
アッパーマウントとの共締めにて、
固定ナット 30~38Nm (指定トルク)

組み付け完了後、
LLCを補充してエンジンON!

冷却水のエアー抜き、
異音、ガソリン漏れの確認をします.
異常なしでした.

LLCが200ccほど残ってます.
まだエアー抜きが出来てないのでしょうね.
今は液面正常、水温も異常値ではないので
乗りながら暫く様子をみます.

:
:
:
:

| | コメント (0)

インマニ(鏡面)交換 ( v i )

:

C57

:

これにて完了 ^^
一体感がいいですね.

:
:

A131
before

:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2013/05/06

インマニ磨き 10

:

C1

:

最後の修正.
400、1000番でキズの消込

:
:

C2

:

結局、3Mの磨き込み、フッ素コートはやめて、
メタコンで磨き直しました.

3Mはあまり磨き効果を実感できなかったし、
特にフッ素コート剤については
脱脂が不十分なのか
液体なので弾かれるは肌が白く濁る等々、
ヘッドカバーとは勝手が違いました.

:
:

C3

:

これで三度目のメタコン磨き ^^;
・・・完成です!・・・
いやあ三ヶ月なのかな?

:
:

C4

:

こっち側の足は、少々、荒れております.
まあ仕方ないですね・・・今回はこれが限界.
磨き直しの機会に詰めていきましょう.

先ずは満足まんぞく.

:
:
:
:

| | コメント (0)

2013/05/03

快適車生活

:

B52

:

屋根いりますか

:
:
:

| | コメント (0)

2013/05/01

インマニ磨き 9-2

:

メタコンで磨いてみました.
結果は一目瞭然 @@

:

B39

:

境界の右側がメタコン、
左が花咲かGです

:
:
:

B45

:

before
1500番までの状態
だぁー凸凹があるなあ ><
こっち側は見切り発車でございます.

:
:

B46

:

after
メタコンで磨く

:

花咲かGより鏡面に.
ちゅうことは・・・使う順番は・・・
花咲かG --> メタコン
が理想ですね.
(この逆はダメですな ><)

もっともメタコンだけで良いような ^^;

:
:
:

B47

:

猫じゃらし(赤棒)も
ほぼ ^^; 真っ直ぐに♪
よーく見ると・・・
所々で湾曲、凸凹してますが、
まあ良しとしましょう!

近くで見ないでね ^^;

:
:

B48

:
:
:

B49

:

タペットカバーでは
次に3Mクローム&メタルポリッシュで
仕上げたけど、
あれって使う必要ないと思うなあ・・・

さてどするべ

:
:
:
:

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »