« ブレーキ・マスターシリンダーの予備・分解 | トップページ | アルミ・センターキャプ »

2014/02/04

B マスターシリンダー 考察

:

F112

:

これが現状のブレーキマスターシリンダー
この角度だとマスターバックの腐食は
目立ちませんが

:
:

F113

:

左下から覗くとフルード漏れ
伝った痕跡があります

:
:

F115

:

シリンダーとマスターバックは
PBV取付けスッテー(黒)と共締め.
ステーの塗装がボロボロです.

:
:

F116

:

幸いにも、現在、フルードの漏れは
認められませんが、どうして?

漏れたのではなくこぼしたとか ^^;
フルードの交換は車検時のみです.
全てDラー任せでした.
交換時にこぼしているとは思えないが・・・

それを知るには
分解してシリンダーのピストンを
確認(劣化の程度)するしかありません.

:
:

F117

:

今回はマスターバックを
予備と交換予定です.
しかし・・・これは厳しいですね!
嫌な予感はあったけど・・・

取付けボルトのある
運転席に潜って撮影、とにかく狭い @@
そして知識不足による構造不明、
ブレーキという最重要部品・・・
なにより自由時間に制限アリだしなあ.

うーん、総合して判断するに
マスターバックの交換は見合わせます.
精神的にも時間的にも
もっと余裕のある時期を待ちます.

いつやるかは別にして
メンテの優先順位は
1:BマスターシリンダーのOH
2:キャリパーのOH
3:オルタネータ交換
4:ラジエター交換

要はほぼ年間計画かと ^^;

:
:

F114

:

さて交換はしなくとも、
予備のシリンダーとPBVを磨くとか?

酸化によるアルミ素材の劣化を考えると
年に一度は再磨きするからなあ.
磨いた品を実装するのは
ちょっと現実的ではありません.
時間に余裕があれば別ですが・・・

まあ手持ちとしてなら
磨いてもイイか ^^

:
:
:

|

« ブレーキ・マスターシリンダーの予備・分解 | トップページ | アルミ・センターキャプ »

整備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブレーキ・マスターシリンダーの予備・分解 | トップページ | アルミ・センターキャプ »