« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015/01/31

エクボ


助手席側にある
斜光でひときわ目立つが
白色のボディが幸いしてか
昼日中では気にならない
:
:

Www185


そして助手席、
運転者は毎回、気にせずに済むのだよ
・・・って駄目じゃん、
結局、先延ばしにして現在に至るのだ

フェンダーまで塗装するから
ドアまでいっとく?
あー悩ましいなあ・・・
予算はもうギリギリなんです

ドア1枚、二万でなんとかならんか?
甘いかな

:
:
:

|

2015/01/30

マツダ エンブレム

mm1フェイスに交換するため
フロントのエンブレムを新調する
似合うかどうか?だけど
敢て準備した
マツダロードスターですから


Www172_2


目指すは純正然とした佇まいだ
よそ様から
こんな車あったよね・・・・
あったっけ?
そういう感想を頂けると喜びます

300 円

@100×3

:

|

2015/01/14

丸目ヘッドとの相性

2012年、大規模MTGに初参加したときの一枚
偶然、主催者が撮り
HPのトップに使われていました @@


Www199999

覚えています
隣に並んだ白と黄色のNBの
テールランプが違うことを。
あの時はまだ知りませんでしたが
モレッティではないですか!

不思議なもんですね
この時から潜在的に
意識していたんでしょうか・・・

こうして眺めると
丸目ヘッドとの相性は良さそうです

そして次の課題が見えてくる
ハードトップです
まあ気長にいきましょう

:
:
:


| | コメント (0)

2015/01/11

再出発の年

mm1フェイスに決めました
1月10日、ショップに依頼。

新車から乗り続けたNBです。
顔をかえることに最後まで抵抗がありました。
ロードスターじゃなくなるという想いがあります。
マツダのロードスターに乗りたいのです。
気に入れば何でもOKじゃないのだ。

そして労りながら大切に
乗り続けたいということ。

極端に車高を落したり
羽根が付いたり、
エアロや太いタイヤとか・・・
そういうの自分には違うなあと。
はっきり言って嫌いです

:
:

47257

:

抑揚のあるNBの美しいラインを
mm1フェイスで堪能したいと思います。
そしてロードスターNBならではの
もうひとつの方向性が
マツダにはあったことを
世に示せればと思うんです。

エアロ納期に一ヶ月、
板金屋さん、ロドの専門店での換装に一ヶ月
入庫、引き取りの為の猶予として2週間


Www112


三月、末には手元にあればいいなと思います。
桜の咲く季節に間に合うなら
新しい門出に相応しいかと。

琵琶湖のサクララリー・・・参加しよっかな
(町内行事が重ならないことを祈る!)

:
:
:
:

| | コメント (0)

2015/01/07

もうひとつのカタチ

整形するの?と訊かれ
正直、どきっとした。
どことなく自信が持てなかったのも事実
フロントのイメージを変えること=整形かと
言われると少し抵抗がある

それでmm1顔について
その変遷を記してみる

そもそもNBのデザインは
別の方向性があることを示唆していたと思う
マツダはその道筋を世に示したことがある
2004年、オートサロンに出品したコンセプトカー、
ロードスタークーペ TS Concept がそれだ


600ss

元々、NAよりも抑揚を持たせた
美しいラインが特徴のNB

フェンダーから腰高なリヤ回りへ続く曲線は
うまく調和がとれている

34348

NAは能面を意識したデザインだと聞いている
ロードスターはモノマネではない、
正真正銘、日本人の感性を下地にデザインされた
国産スポーツカーだ


Aww3_2

1998年
当然、二代目(NB)もそのコンセプトを
踏襲しているわけで、
否、そうでなければいけません


11_l

・・・ところが です・・・
道はもうひとつあった

2003年
マツダはクーペモデルを限定販売

2004年
フロント部分のシルエットを変更した
TS Concept を出品、世に問うた

同11月
それを具体化し販売したのが
オートバックス系の mono CRAFT mm 1

何度みても惚れ惚れするフォルム
(限定販売 故に希少)
mm1の美しいラインは、
NBの造形だからこそ
その真価を発揮できているとさえ思う
まあ、あれだ
勝手な思い込みなんだけどね


47252

そのフロントマスクと同じ金型を使って
近年、パーツが提供されはじめた
TS Concept のバトンは繋がったのだ

mm1フェイスのNB
これは間違いなくマツダの血を引くものだと思う
ぽっと出のエアロやただの社外品パーツじゃない
整形とは違う


0ef5f3bb22

そして何より

オープンに出来る楽しみがある


:
:
:

| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »