« エアコンディフューザー 調整 | トップページ | タペットカバーのキズ養生 »

2017/05/06

右前ウインカー接点不良

:

前回、ギボシの部分を触っただけで
ウインカーが正常に点滅したので
ギボシその物のカシメ具合を確認しました

これはカシメが甘いと
みん友さんより指摘、

:


Img_20170506_185715

:

早速、カプラに変更です。

:
:

Img_20170506_131942800x600

:

ギボシを分離しようと被膜の上から
ごそごそやってるだけで線が抜けました。
確かにカシメが甘い、
裸線が短い?ように思います。

:

Img_20170506_133223800x600

:

苦手な電装系、専用工具はあれど
カシメるのに適した箇所が判りません
被膜を剥ぐまでは何とかなったんだけどね。

狭い空間に大きな工具。
ゴンゴンと回りに当たってるし、
グニュっと潰しただけで、
お手本みたいなカシメじゃないし
もうね、ラジオペンチと専用工具で
ゴテゴテに潰してやりました。。。。

抜けなきゃいいや!いいのか?です。

:

Img_20170506_141321800x600

:

ぎゅっと嵌めてパチンとロックして完成です

ビニテは
接続端子がカプラに収まりきらず
外に飛び出しぎみだったので養生、
前のギボシより見た目は悪いですが
これで断線しなきゃ恩のじです。
左側も用意しましたが
交換する気力がありません、
断線した時に考えます

やっぱ線つなぐとか嫌いだわ

:
:
:

|

« エアコンディフューザー 調整 | トップページ | タペットカバーのキズ養生 »

整備」カテゴリの記事