« 社外テールランプ予備 | トップページ | ホーンボタンからビビリ音 »

2017/12/16

ステアリング交換 モトリタ

:

ボスの押し込みが
重く粘っこいハンドリングの原因なのか
手持ちの別のボス(HKB)に交換して検証。
このボスはモトリタ用に使っているもので、
締め込んでもストッパが効いて
ハンドル根本(車体)に干渉することがありません。

結果
右左折、スムーズになりました。
本来の軽快で安心できるハンドリングに。

やはり
乗り降りでハンドルを上下にこじいて
スプラインが削れ径が徐々に
広がってしまったように思います。

問題のボスは
新品装着時、浅く切ってあるスプラインを
押し切って圧着させる仕組みなので
尤もなことだと思います。
ガタが出たら交換する消耗品と考えます。
スポーツ走行に需要の多いメーカでもあるので
不慮の事故などによる過剰な負荷に対して
アルミが潰れて力を逃がす構造かもしれません。

:

Img_20170528_122041800x600

:

このタイプ(丸穴)のナルディは珍しいと
66本を仕入れたのだそうです。
その最後の一本を僕が、、、という品物です。
店長、思い入れたっぷりの品なのです。
今でもたまに、笑いながら返してーとか言ってきます。
強ち冗談でもなさそうですが、、、

:

Img_20171215_180938816x612

:


まあ、あれです
おっさんの趣味はプライスレス、中途半端がいけません。
そういう付き合いのロードスターですから、
許して貰えるかな
これからも大切に使います。

:
:

|

« 社外テールランプ予備 | トップページ | ホーンボタンからビビリ音 »

整備」カテゴリの記事