« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018/06/30

ステアリング・ボス 2

:

■二種類のボス 要点

ステアリングとの距離感は
純正時のポジションを優先させている
ウインカー操作の違和感は
ドライブそのものを不安にさせるからだ

社外品ステアリングに換装するのは
簡単だが、この距離感だけは
随分と悩まされた
適うポジションに相応しいボスを
探さねばならない

ボス販売元にはメーカ適合表があるが
それは装着可否(エアーバッグ対策など)であって
ウインカーまでの距離感や操作違和感を
保証するものではない
手持ちのステアリングとの相性はボス長を
知ることからはじまる
当たり前のことだが。。。これが面倒な作業だった

ナルディ ディシュは WB(oem CMR)
モトリタ フラットは HKB
この組み合わせに落ち着いた
(2018年6月まで)


現在はモトリタの純正ホーンボタンの使用により
厚みのある専用アダプターに交換
運よくWBがマイナス15mmで転用可能だった

:

■装着時の要点 WB
HKBは取説、現場合わせで見たまま装着すればいい。
繰り返し付け替えても問題ない
(過度の交換による不具合の保証なし)

問題はWB(アルミ製品)、指定トルクを守るように
注意喚起する写真つきの説明書が添付されている

:

Img_20180630_134647800x600

:

実際のところ
車体側のステア軸である鋼鉄のスプラインに
ボスの柔らかい素材、アルミを押し込んで
圧着させるイメージだった。
よって何度も脱着を繰り返すと
柔らかなアルミのボスは
車体側へ順次、押し込まれてしまい、
最悪、車体側と接触、摩擦抵抗により
ステアリングが固く軋み音が発生する

この状態で走らせると
ステアの復元力が無いため危険
直進安定させるだけでも重労働てか
立派な整備不良車

■何度も付け替えない WB
経験上、2度まで。
センターだしは仮付けにて慎重に。
締め付けトルクは15N。
最終的に30Nに近づけるイメージ。
軋みが出たら諦める。
仮に弛めてもガタ付きが残り
安全上問題あり。

■WBのセンターだし

交換する前にビニテで現状ボスのセンター印をつける。

:

Img_20180630_105726800x600

:

ボスの三角マークと車体側の三角マークを合わせセンターを決める。

:

Img_20180630_111140800x600

:

アダプターとステアリングの位置合わせ
ナルディ、モモ変換アダプタであるため
それぞれ孔の位置が微妙に異なる

:

Img_20180630_110027800x600

:


センターが大幅に狂った時は
次々と適合する孔の位置を試すこと
別の箇所で合っていたりする

スプラインの性質上、厳密なセンターには出来ない。
モトリタのロゴが水平となる
右下がりを基準とした。
右上がりは見た目以上のセンターずれを感る

|

2018/06/23

デフォルト

:

やはりというか
センターずれは想定内のこと
スプラインの性質上、ボスの交換で
正確にセンターだしは無理だときいている

:

Img_20180623_181001800x600

:

これがダメなのは右上がりなこと
1ノッチ右へずらすと
センター位置は画像と真逆になる

それが現状ボスのセンター位置、デフォルトだった
まったく。。。失念のため再度、やり直しとなる
毎度まいどの二度手間にて自己嫌悪なり

:

Img_20180615_101917800x600

:

プラグコードの順番も
コード長の違いで判りそうなものだが
全てバラしての掃除となると
記憶は曖昧で不安になる。。。

なんだかもう心配性というか
粗忽者というか
自戒を込めて

:

|

2018/06/20

モトリタ ホーンボタン3

:

雨の一日、
ポリッシュを磨きなおし
ボスの交換含め
全てを入れ替えた

:

Img_20180620_143748800x600
交換後の写真

:

厚みのあるアダプタ、
アルミポリッシュとの相性もいい

:


Img_20180620_092015800x600

:

将来、小さな(普通の!)マツダロゴの
ホーンボタンに交換することを想定、
手持ち在庫でイメージを確認

使わなかっ理由を思い出した
、、、、チープだわ
中途半端がいけません
あるべきデザインが
台無しになる典型、最悪です

:

【ボスの交換】

Aw1

:

メーカ指定トルク 30N
このボスは特に気を使う

:

Img_20180620_130546800x600

:

付け替えは経験上、二回まで。
センター出しさえ慎重に行えば
問題ない、安易に見切り発車が
間違いのもと、仮付けにて確実に。

今回は1回で全て綺麗に収まった
いやいや継続はチカラなり!だよな
軋みもなく操作も違和感なし
-10mm長のボスで正解

しばらく
ナルディは目の保養と致します

:

モトリタホーンボタン
@4000
専用アダプタ
@6500

:

|

2018/06/19

モトリタ ホーンボタン 2

Aji3

:

一般的なホーンボタンなら現状のアダプタで済むが
本来のモトリタホーンボタンには専用のアダプタが必要。

:

Img_20180619_175815800x651

:

Img_20180619_175947800x600

:

厚みの違いは
ボスの変更を意味する

専用アダプタ(右
15mm
汎用ホーンアダプタ(左
5mm

10mm短いワークスベルが
使えるとわかった

:

Img_20180619_180049800x600

:

よくよく考えてみると
モトリタのステアに専用ホーンを付ける事が
最も需要が見込まれる筈で、
その証拠にググれば専用アダプタばかりヒットする
むしろ汎用ホーンを使用するためのアダプタを
探す方が難しいと感じた。

そういう意味では。。。
汎用ホーンアダプタって貴重?

:

Img_20180619_194315386x330

:

将来、小さな(普通の!)マツダロゴの
ホーンボタンに変更する選択肢があるのは
楽しみでもある
いやいや、むしろこっちか ( ̄▽ ̄;
実に悩ましい。。。
モトリタのステアリングとして拘るか
マツダであることを主張すべきか

:

Img_20180615_161010800x600

:

全体のイメージの纏まり具合もあるから
先ずはモトリタに拘ろう
将来的にはマツダの選択を検証する!

:

取り付けは後日にて

:
:

|

2018/06/18

モトリタ ホーンボタン

メータ針をクロームに変更した機会に
ホーンボタンもモトリタ専用に交換します

元々、ナルディのウッドを愛用していた為、
出番の少なかったモトリタですが、
やはりネックは汎用品のホーンボタンです
何を宛がっても纏まりが悪く
上手くいきませんでした
そもそも意匠にそぐわないことがいけません

:

Img_20180615_143943800x600

:

ホーンが鳴ります
あたりまえ?
旧英国車の定番アイテムであるモトリタ
ときに旧英国車では
ステアリングで鳴らすとは限らないのです
当然、中古市場ではキャップ仕様もあるわけ
(これが混乱の元、製品探しが
億劫になっていた理由のひとつ)

:

Img_20180615_144156800x600

:

通常は端子(オス)があるのですが、
仕方ないので自作します

英国製品、ここらが不親切というか
ユーザを育てる環境?というべきか。。。

:

Img_20180615_161026800x600

:

モモ変換アダプタの形状に問題発覚
ホーンの爪をかけるだけの
深さが足りません

だとすると
経験上、アダプタが厚くなる筈で
短いボスが必要になりそうな予感
10mm短い予備のワークスベルで
間に合えばいいのですが。。。


:

Img_20180615_181652800x600


アダプター入手に数日あるので
先ずは装着イメージを掴んでおきます
ゴムを周囲に巻いて嵌め殺しで宜しいかと

:

Img_20180616_162638800x629

:

爪が外枠に届いていません
これでは通電されず鳴るわけがない。
また通電させても鳴らない!という事実も。

現状のアダプタではどう工夫しても
無理そうです
(ボタンを接点まで押し込めない
クリアランス不足)

:

アダプタ待ちにて先ずはここまで

:


Imgp2696800x534_2


:

スッキリ!全体の調和も申し分なし
ノスタルジックな風合いが
居心地の良さを物語っているかと。。。

あれだよ
現代車のインテリアって
モデルチェンジの度に陳腐で
古くさいイメージになること多し

自己満足にて

:


|

2018/06/15

メータ針の入れ換えと手順

:

イメージを統一すべく
予備メータの純正針を加工して
入れ換えます

Img_20180615_092213800x534

【交換内容】
短針3本、長針2本に
クロームメッキカバー取り付け
長針はニッパーで尻尾?を切断
現状のアルミカバー針と交換

【針を外す前の準備】
暖気運転の後、通常走行状態で
短針とタコメータが指し示す位置を
記録(写真撮)しておくこと


Imgp2657800x534


Imgp2655800x534

速度計の針は、本来、
0km位置のストッパーよりも
マイナス方向にふれて自然と
止まる位置があるので
その位置を記録しておくこと

Img_20180614_185607800x600_2

針を外さずにストッパーを跨ぐ
マイナス方向で止まる位置が重要
(デフォルト)
画像は予備のメータ。
次の出番があれば印にて針取り付け

【針の入れ替え】
メータそのものを車から外す
見たまま作業すれば問題ない

Imgp2669800x534

室内作業にて
先ずは速度計のみを入れ替える
(上記の手順と同じ、デフォルト位置が重要)


他の針は
車に仮設置、アイドリング状態にて
予め記録した位置へ差し戻す

【短針の注意事項】
短針はメータ側の中心軸の直近に突起があって
これがストッパーの役割となっている
ストッパーが効くとこまで押し込むこと
(深さが甘いと短針が落ちきってしまうため)

Img_20180615_092106800x600

元通りに車体に取り付けて作業終了

:

Imgp2656800x534_2

Before

Imgp2685800x534_2

After

:

イメージの統一にて
見た目がスッキリしました
細かい手直しですが
こうした積み重ねが
いい結果に繋がるものと考えます

:

RSプロダクツ
クラシックニードルキャップ(クローム)
@8800

:
:
:

|

2018/06/04

ワイヤーホイール 進捗状況

備忘録として。

手持ちのワイヤーホイールは
1本のエアー漏れを抱え
いつかはスポークが弛むだろうから
厳密なバランス調整など
なんの意味も持たないと謂われている

:

Img_20180606_074125

:

マツダがオプション販売した
当時、6万円/1本 原則NAテンロク仕様
(NBはキャリパー大型化、クリアランス激狭)
販売は1995年頃、中古市場も高騰?な気配。
ほぼ絶滅危惧種

:

Img_20180603_231107

。。。俄には信じがたく。。。
三年前はこの半分だったような


さてエアー漏れの原因
シール交換による怪しい対処?
べとつく素材をビートが捲き込んで
タイヤ交換による漏れ疑惑と
そもそもシールが剥がれて
スポーク付け根より漏れる疑惑
ここまではDHでの検証。

1528093405764

Before


1528093413659

After

メンテ出来そうな業者さんを紹介してもらった
実際にお会いして少し光明が。。。
次は漏れる1本を持ち込んでみるか
というとこまで進捗しております


Img_20180601_115341800x600

:
:
:

|

2018/06/03

ナビの効用

所用で知多半島へ向かう

ICを出てナビは

丘陵地の農道を示した


1528024075916591x443


無理強いを強いる

いつもの迷走案内かと疑いつつ

うねる高圧電線のあとを追う

1528024067992591x443


海が見える

それだけで妙に嬉しくなる

こんなとこあったんだな

1528030662918591x443

突然、視界が開けた先は
伊良湖水道、神島
眺望が効く最初で最後の場所だった

ありがちな風景ですが
次はロードスターで
(全て携帯撮)

|

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »