« ブレースバー | トップページ | 清里MTG »

2018/10/21

J58G 試作オーナメント

二年前の清里MTGにて
ゲスト参加された
当時NAチーフデザイナーだった田中俊治さんは、
開発段階でのオーナメント、試作品を披露して下さった。
それはコンセプトや方向性をイメージしつつ
ユーノスロードスターのあるべき姿を模索する
生き証人ともいうべき貴重な資料だった。
会場では NAに採用したかったとも仰った。

ユーノスロードスターのデザイン関連
【世界的に名を知られたカーデザイナーの一人である
俣野努(通称、トム俣野)氏は、北米マツダに移籍後、
自ら「プラン・アンド・リサーチ」というデザインスタジオの
立ち上げに関わり、実質的な責任者を務めた。
福田成徳(ふくだ・しげのり)氏、田中俊治(たなか・しゅんじ)氏らとともに
初代ロードスターのコンセプト・デザインを手がけ、
初期の開発指揮を執った
(当時の開発主査は平井敏彦(ひらい・としひこ)氏)。
一部記事より転載】
因みに福田さんはmm1のデザインも
担当されました

:

Img_20181021_224557
(写真は2016年清里ミーティングにて)

:

「J58G コンセプトシナリオ」
一枚の用紙のなかに想いが詰まっている

奇しくも先だっての箱根NBミーティングにおいて
RX7のチーフデザイナー、小野さんより
車のデザインの発想や方向性は
フロントエンブレムの着想から始まっていることを
ご教示頂いたばかりだった。

100%あり得ないことだが
試作品のエンブレムを
僕のNBに流用できればと
淡い期待をしたこともあった


Img_20161030_110025


それが
今回の清里MTGにて
田中さんご本人が手弁当で
27個を限定でチャリティとして
供与して下さった

サプライズ
ビッグプレゼント?
それ以上に決まってるじゃないか。
27個の奇跡だ

結局、抽選するでもなく
ほぼ丁度の希望者が現物を得ることができた。
皆で合意した金額を広島への義援金に。

:

Img_20181024_022716

:


有り難う御座いました
どれだけ
感謝してもしきれません

清里ミーティングは僕にとって
特別な場所になっています

|

« ブレースバー | トップページ | 清里MTG »

パーツ」カテゴリの記事