« クランクアングルセンサー交換2(下側) | トップページ | 突き抜けるもの »

2018/10/15

mm1faceとローバックシート、ファッションバーの必然性

ナカマエのローバックシートは
腰痛対策に貢献しているが、
mm1faseとの相性、見栄えは芳しくない。
強いてはファッションバーの
有無とも関係していることを検証した。

動機は小振りのシート形状になって
大柄なファッションバーが全体の
イメージを悪くしている?
ならばブレースバーと入れ替えてはという
直感的?短絡思考からだった。

でだ
ファッションバーを取っ払ってみた


Imgp9620800x530

つらい。。。

敢えて最も見栄えの悪い
真横からのシルエットだが
辛すぎます。

そりゃそうだよね。。。
mm 1は元来、クーペデザインだもの、屋根ありきだ。
このように屋根なし、痩せたシート周りでは
何をか況んや。

Img_20181015_1131261024x768

要するに
ファッションバーを取っ払ってスッキリしたのは
mm1顔からリア周りへのデザインの
チグハグさ、胴長さ加減が
見事に露見したってこと

スリッパかって。。。

Img_20181015_112906800x530

Img_20181015_112758800x530

Img_20181015_113248800x530


近景はむしろ好印象?
まだ許せる範囲かなあ。

いずれにしても
せめてファッションバーで
後方に厚みをもたせるべきかと。
これでは前後のバランスが悪すぎます。

mm 1にナカマエの小振りのシート。
ノスタルジックな演出に間違いはないが
オープン時の後方の物足りなさを
どうにかする必要があると再確認出来ました。


Imgp8378aa


これ以上、エアロパーツを増やして(シート後方)
本来のNBデザインから遠ざかることは避けたいので
やはりファッションバーは必然かと考えます。

3429362


201605119a


元々あった
初期の純正シートとの組合せが
全体のシルエットとしては
最適だったように思います

後期シートは背が高く
尖った形状がよくありません
あれって好きになれんわ


|

« クランクアングルセンサー交換2(下側) | トップページ | 突き抜けるもの »

整備」カテゴリの記事