« 「Swinging Time Machine」 | トップページ | EGオイル交換(16) »

2018/11/27

エンブレム作成 1-2

エンブレム作成、次は
アルミパテで試作することにした。
この素材はみん友さん情報。
いつも有り難うございます。

さて
前回のメッキ風缶スプレーは
1ヶ月を待たずに艶が失せつつあり
洗車は1回、ほぼ週末ロードスターの使用頻度にて
流石に無理だわ、メッキ風缶スプレー。

:

Img_20181127_083220800x600

:

アルミパテ
ジーナス GM-8300-44g
2680円

取説には
添付の硬化剤を母材に対して1割混合して使用する。
これは目分量厳禁、計量推奨事項。

面倒なので購入分、全量を混ぜた。
(ほぼ半量を捨てる結果となる
エンブレム作成の目安とする)

全量50g弱を紙コップで混和も考えたが
15分後には硬化が始まるらしく手際優先。
使い捨ての下敷に母材と硬化剤をぶち撒けて
大きなヘラで塗り壁のコテよろしく素早く練った。
最初が硬いので量が多い時は断然有利。
(前回のモリパテはシートに
ガムテープを数筋貼って簡易下敷とした)

緩い内に型に流し込む。
気泡は想定内、慣れが必要かと思う。

:

Img_20181127_091022800x600

裏側は出来るだけ平坦にして
大袈裟な削り加工は避けたい。
粘る素材をヘラで均すより
ビニール敷いて板で押しあてて対処。
(硬化してから簡単に剥がせる)

:

Img_20181127_094432800x600

:

Img_20181127_204511800x600

:

3時間後に型から抜き
ナイフでバリを削ぐ。
まだ粘土細工の硬さにて
大まかに成形する。
この段階では歪みに注意。

あまり触らずに素早く済ませ静置、
完全硬化、6 時間以上必要とのこと。

:

Img_20181127_163220800x600

:

ヤスリ、耐水ペーパーにて成形、磨き。
アルミ素材ではあるがパテはパテ、柔らかい。
水を多めにて削る。
ゾリゾリ擦ると不安な程、削れる。
艶も金属的な光沢までは得られない印象。
鏡面仕上げは無理な予感だ。。。
完全硬化を考慮して数日、放置、再研磨とする

:


Img_20181127_165759800x600

:

お約束の気泡あるし、
実際は画像よりもくすんでいる。

さて後日、メタコン、ピカールなんぞで
鏡面仕上げを検証してみます。

:


Img_20181128_213017800x600_2


Img_20181128_212909800x600_2

メタコン、マグポリにて終了
これ以上、求めても素材の限界を感じる
これでクリア吹いて完成とします


■追記■

:

Img_20181129_192005800x600

クリア塗料でも納得できず
禁断の缶スプレー。。。
本来、アルミ素材の風合が好ましいのですが
用途はエンブレム。
車の顔としては些か物足らないという印象でした。

結局、メッキの輝きを望むか
金属素材の風合で顔としての
存在感を発揮させるかの二択。

これでシルバーアクセサリー、
銀粘土での作成に踏み切れそうです。
次も納得できなければ。。。。
実物を常用することにします。

|

« 「Swinging Time Machine」 | トップページ | EGオイル交換(16) »

工作」カテゴリの記事