2019/01/16

グローブ

随分と草臥れてしまったので
年の初めに新調した。
これが使いやすくて愛用している、
何よりリーズナブルで宜しいかと。


グレアダムスタイプ グローブ
ライトブラウン L
@8860

インスタント タイヤドレッシング
@1620
マイクロファイバークロス
@660

Img_20190116_105750800x600

:

やっぱグローブっていいな。
オープンだからこそのアイテム、
元々、バイク乗りだから違和感はない。
むしろ革手袋は儀式みたいなもんで、
昔はキックを踏み抜いて火を入れた。
あのルーティンのひとつだからね。

スタンド立ててステップ乗って、
チョーク引いてっと、、、
上死点探ったり、、、
踏み抜く。。。。。

バイク、乗ろっかな

:


|

2019/01/12

ステッカー、ピンバッジなど

Img_20190112_185800800x600_2

モトリタに落ち着いたのは
ACE CAFE を
選んだ頃からだと思う

:

Img_20190112_184313800x658

ワイヤーホイールが
方向性へのきっかけ

:

Img_20190112_214722_2

エアー漏れは当たり前
圧のチェックは日常となった
本当はMX5がいい
あるのかな


:

Img_20190112_184107800x600


Img_20190112_184413800x600

罰当たり?
ひと目のつかぬ
箪笥にしまい込むより
世間に広めてナンボでしょ


:

Img_20190112_215041800x600_2


Img_20190112_214943800x600_2

目障りになって行き所を失った2点。
結局、トランクフードを閉めれば隠れてしまう
こんな場所にあってもどうかと思うが、、、、
ステッカーチューンは苦手なり

:

Img_20190112_185306800x600

ここの2点、
いつまで続くやら

:
:


|

2019/01/08

ステアリング径の違和感

手持ちの社外ステアリングは2品、
ナルディのウッドと革巻きのモトリタ。

この2品、径のサイズ表記と実測値との
チグハグさが、ステアリング選びの
混乱の元になっていた。

現段階でわかった事だけ記しておく。
ナルディはパイ表記
直径はそのままcmに置き換える事ができた。

モトリタはインチ表記
直径は ✕2.54でcmに換算すればいい。
問題は径の測り方だった。

ナルディはウッド、革巻き共に
ステアリングの外側から外側までの距離
所謂、直径の数値になっている。
モトリタは違う。
ウッドはナルディ同様、直径の数値。
革巻きはステアリング外側より
若干、内側での計測となっている。

:

Img_20190109_045941

:

具体的には
カタログ等の表記では
モトリタの14インチ 35.5cmとあるが
径の外寸を実測すると
ウッドの場合は直径 35.5cm
革巻きの場合は直径 36.5cm
同じ14インチでも若干、大きめとなる。

この1センチを誤差と考えるべきなのだろうか
危うく14インチで35.5cm表記の革巻きを
買い足すとこだった。。。
これは間違いなく
現在使用中の36.5 cmと同じ物だそうです

英国車専門店にて確認できた事実。
なんだかなあ。。。
ネット販売の危ういところなり!!


|

2019/01/06

モトリタ専用ビス

ネットにて新品があったので入手。
一時期、ずいぶん探したマイナス頭のビスが
あっさり見つかってビックリだわ。
それも専用品で現品と比較して更にビックリ!
ビス長が足らずナットの掛かりが悪いのも
これで解決です。
(怪我の功名とよぶべきか)

:

Img_20190106_102043800x600

新品専用ビス 9本、化粧ナット、
センターリング付

@3600

:

てか、
これってモトリタのステアリングによって
仕様が違うのか?
現品が間に合わせの
汎用品だったのでしょうか?

うーん、英国車を扱うショップ、
行ってみようかなあ。


Img_20190108_1247481024x768

化粧ナットがいい感じです。

ワッシャも付属、
ビスの長さも十分でした

:

Img_20190108_2151081024x768

:

ボスとの繋ぎ目に
重厚感があって
全体の纏まりが良くなりました。

:

Img_20190108_1249311024x768

専用ビスに化粧ナットの
組み合わせが秀逸です

|

2018/12/30

モトリタ 13inch

Img_20181230_142934

モトリタ 13インチ 細巻き
中古品
@24000

:

モトリタ細巻きの13インチに交換。
経が小さくなっても
ステアリングとしての見栄えに
違和感は少ない。
細巻きを探していた理由のひとつだ。

ステアが出しゃばらないから
全体がスッキリして
ノスタルジックな雰囲気が
際立ちます。

:

Img_20181230_142509_1

:

操作性。
細巻きは指の掛かりは良いが
太巻きのような安心感はない。
また経が小さくなって
ステアは重く
ダイレクト感も強くなったわけで
細巻きの繊細さが際立つ印象。
もっとも全ては慣れの問題、
不具合とは違う。

また14inch、太巻きステアは膝と近く
操作が窮屈になることもあった。
乗降も楽ちん。

:

P3

やっぱデカイな。。。
1インチの差は大きい

:
:

追記
2019.1.2

結論からいって14インチに戻した。
確かに小径のステアはスポーツ走行に向くが
パワーや重さを受け止めるには
細巻きでは貧弱極まりなく、
強いては安全性も危うい感じ。
13インチは良い?のだがなあ。。。
太巻き購入は暫く様子みです。

付随して問題発生。
センターサークルに留めるビス9本。
アダプターが厚くなってナットの掛かりが悪い。
何度も入れ替えるうちに
一本のネジ山が潰れてしまった。
マイナスのビスは汎用品がない現状、
モトリタ専用品を
探さねばならなくなりました
とほほ

追記
自分なりの適正値は14インチ、
経35cm強、ナルディで確認。
現状は36cm強である。
こっちを探そう

|

«愛着