2019/04/10

引算

 

 

 

Img_20190410_183538

 

 

『ハッチバックでは

「エモーショナルさ」をテーマにした

「伸びやかさと品格」を、

セダンでは

「エレガンスさ」をテーマにした

「力強さと色気」を追求。

Img_a7c60a472785df3fa87621ea801089792966_1

 

LAモーターショーのワールドプレミアでは、

「Car as Art(クルマはアート)」と

「Breathe Life into our Cars(クルマに命を吹き込む)」

といった表現が使われた。

マツダの代名詞となった「魂動デザイン」をさらに深化させ、

日本の美意識の本質を体現したという。

 

ワンモーションのシンプルな動きでフォルムを描きつつ、

繊細なボディ造形による光の移ろい、

リフレクション(反射)の動きによって、

これまで以上に力強く、味わい深い生命感をつくり込んでいる。

辛口の海外メディアもその美しさを絶賛するほどだ。

インテリアデザインも、引き算の美学を重視し、

徹底した美しさとシンプルさを追求している。

人とクルマとの一体感を

これまで以上に強めるために左右対称にレイアウト。

ドライバーに正対する造形とした。

 

これは人間中心のコクピットを考え抜いた結果だ。

インパネは左右のドアトリムまでつながる一直線の造形。

エアコンのコントロールパネルと

助手席側ルーバーを水平軸のなかに一体化することで、

すっきりとした印象を与えている』

「Mazda3──世界よ、これが新鼓動デザインだ」より抜粋

 

18031938

 

NA、NBについて常々、思うのは

造形そのものの美しさに尽きる

日本の美意識をVISION Coupe は拠り所にしたというが、

僕にとっては

ユーノスがその先駆でありデザインの根っこは

そこにあると思っている。

ましてや人馬一体の大安売りともうつる

昨今の宣伝謳い文句には正直、

食傷気味ですらあった

 

Sinsiro201702rblog

 

 

とはいっても、

無駄を省き光の陰影、映り込みに美意識を見出す

そのデザインは僕の琴線に触れるもので、

あの曲面が実際にはどう映るのか

興味深い。

 

:

 

NBのフロントフェンダーからテールへと続く

美しい抑揚のあるライン、面構成。

今回、キャラクタラインを排したエクステリアというが

それこそ望んできたことの一つだ。

 

Wqq37

 

MAZDA 3

僕のロードスターの手触りに叶うことを

願うばかりです

 

 

 

 

|

2019/03/22

MAZDA 3

奇しくも02のようなイメージに落ち着いた。
最後まで迷ったのはボディ色と白内装の組合せ。

 

Imgp3529

 

 

アクセラからmazda3に名称変更した
先行予約用の簡易カタログ
そのトップページを飾るのはマシングレーのセダンだったが、
どうにも色味がしっくりこない。
ましてやソウルレッドは論外で落ち着かなかった。
決め手になったのは
ディープブルーのアテンザ白内装。
偶然、拝見できる機会を得て
前出の結論に至ったわけ。

 

お陰様で特別色による加算金額を
除外したオプション品に回すことが出来、
予算内で希望グレードに収まった。
商談をはじめてほぼ一ヶ月、
少ない情報ながら手探りで担当営業と
安全装備の仕組みや新機構、
色合わせとデザインの秀逸さを
ひとつひとつ丁寧に
自分に必要なのかを問いかけた。
それは現車が無いだけに
功を奏したように思う
思考の深度が違った。

 

セダン G2.0、Lパッケージ、フル装備。
ディープクリスタルブルー、白内装。

 

 

Img_20190224_063917

 

 

ディーゼルやハイブリッド、新機構のエンジンは
次世代の方々にお任せする。
マイナートラブルに悩まされるには
もはや経済事情以上に心の余裕がないからだ。

 

 

僕の最後の買い物だった。
TCS、DSC、GVC+
近頃流行りの電子制御の恩恵は
運転時の微妙な違和感を助長した。
それでも許せる車だと思った。

 

 

20181128092243

 

 

お気に入りは十年以上所有しても
飽きのこない無駄を削ぎ落としたデザイン、
(↑↑ココ重要)
面構成でつくり出す美しいフォルム、
艶があって凛とした佇まいが
容易に想像できた

 

 

 

Img_67a041bfcce058bf51e5f278cd681dcc2812_2

 

 

過剰なLED加飾、
エクステリアへのクロームメッキの多用が
ほんと辛いのです

 

白内装の維持管理が面倒?
そんな低レベルなことで
選択肢の幅が狭まるようでは
今のロードスターなど
とうの昔に手放している。
子育てが終わり生活スタイルは
より自分らしさを求めるようになった
その一役として十分、願いに叶う
愛車となりそうです。

 

正直、直近まで欲しいと思う車が
無かっただけに
ギリギリ間に合ったという思いが強い。
レガシーとの入れ替えにて
15年の年月、お疲れ様でした。
8月頃までもう少し、頑張っておくれ。

 

 

 

Img_20190402_055741
:
:

|

2019/02/08

ウッドパネル

ワイヤーホイールにウッドのステアリング。
この組み合わせが好きだ。
それに合わせて少しずつウッドの
パーツを集めてきた。

:


Aqq1

:

シフトノブとブレーキレバーは
ステアと近似色のM2 02レプリカを求めた。
現状のナルディ5速表記ノブはダークブラウン。
色目の違いが気になって
試行錯誤は続いている。

:


Img_20181231_080348800x600

っで、今度はVSパネルと
色目が合いませぬ

:


今年はシフトとオーディオパネル枠、
メータパネルをウッドにして
見栄えを検証してみようと思う。
目指すのはノスタルジックでエレガントなLWSだ。

旧車チックなウッドステアにノブ、
古きよき時代の象徴であろう
14インチワイヤーホイールが心地いい。

さてどうだろう
楽しみは尽きません

:

ウッドパネル、シフトゲート
@9750


ウッドメータパネル
KGW
@23500

:


Img_20190208_101622800x446

:
:

追記

予備のメータに装着するも。。。
あれれ? どなの
微妙だなあ、煩い感じで
心が動きませぬ。

:

Img_20190207_171757800x600

:

シフト、オーディオ枠パネル同時交換での
全体の印象はどうだろうか。。。

またコレクションが増えただけ
そんな結末もありそうです

トホホ

:
:

続追記
適当にあてがってみた
えっと
悪くはないが良くもない←

:

Img_20190209_152854800x600

慣れればいいのか?
という程度であって
これがベストという印象ではないね

:
:

Img_20190209_155011800x600

:

固定観念もあるから
悩ましいが。。。
急いで交換、検証せんでもなあ
ちゅうか違うんじゃね。の感

P3


|

2019/01/26

インマニ再磨き ガスケット類

再磨きに備えて
消耗品の手配

ガスケット類も馬鹿にならない。
頻繁に外しての丁寧な磨き対応は
5年に1度が現実的な気がする。


Img_20190119_184135800x600


エンジン側
インジェクション インシュレーター 4個
@280
インマニ ガスケット
@972
ガスケット(スロットル側)
@410
計2502

Img_20190126_213521800x599

グロメット 4個
@172
Oリング 4個
@172
インシュレーター 2個
@388
計2152

合計4654

Img_20190126_213148800x600


Img_20190129_183133

:

バキュームホース NA6流用
@2500
ヒビが入った為に交換します

※NBはテンロクもテンハチも部品供給は無い
本日、Dラーにて確認事項、要注意。
(補足: NAは16、18共に供給あり)

:

Img_20190126_222604

※13-158は樹脂部品、
頻繁に交換の必要なし
(但し交換時に落としやすく
紛失の可能性があるパーツ)
他は全てゴムパッキンの為
交換必須

|

2019/01/21

バッテリー交換 2

前回交換より丁度、6年が経過。
長持ち♪てか怪しいわ。。。
朝の始動が鈍くなったこともあり
突然死にそなえて交換します。


今回も純正品にてDIY
プラマイ手順は以下の通り
:

Hm04image08

:

交換後は約1300回転固定から安定後に
アイドリングにて20分放置。
PCの学習時間を設けました。

距離 124543km
純正バッテリー
@25920

:

A66

:
:

|

«グローブ