つぶやき

2019/04/10

引算

 

 

 

Img_20190410_183538

 

 

『ハッチバックでは

「エモーショナルさ」をテーマにした

「伸びやかさと品格」を、

セダンでは

「エレガンスさ」をテーマにした

「力強さと色気」を追求。

Img_a7c60a472785df3fa87621ea801089792966_1

 

LAモーターショーのワールドプレミアでは、

「Car as Art(クルマはアート)」と

「Breathe Life into our Cars(クルマに命を吹き込む)」

といった表現が使われた。

マツダの代名詞となった「魂動デザイン」をさらに深化させ、

日本の美意識の本質を体現したという。

 

ワンモーションのシンプルな動きでフォルムを描きつつ、

繊細なボディ造形による光の移ろい、

リフレクション(反射)の動きによって、

これまで以上に力強く、味わい深い生命感をつくり込んでいる。

辛口の海外メディアもその美しさを絶賛するほどだ。

インテリアデザインも、引き算の美学を重視し、

徹底した美しさとシンプルさを追求している。

人とクルマとの一体感を

これまで以上に強めるために左右対称にレイアウト。

ドライバーに正対する造形とした。

 

これは人間中心のコクピットを考え抜いた結果だ。

インパネは左右のドアトリムまでつながる一直線の造形。

エアコンのコントロールパネルと

助手席側ルーバーを水平軸のなかに一体化することで、

すっきりとした印象を与えている』

「Mazda3──世界よ、これが新鼓動デザインだ」より抜粋

 

18031938

 

NA、NBについて常々、思うのは

造形そのものの美しさに尽きる

日本の美意識をVISION Coupe は拠り所にしたというが、

僕にとっては

ユーノスがその先駆でありデザインの根っこは

そこにあると思っている。

ましてや人馬一体の大安売りともうつる

昨今の宣伝謳い文句には正直、

食傷気味ですらあった

 

Sinsiro201702rblog

 

 

とはいっても、

無駄を省き光の陰影、映り込みに美意識を見出す

そのデザインは僕の琴線に触れるもので、

あの曲面が実際にはどう映るのか

興味深い。

 

:

 

NBのフロントフェンダーからテールへと続く

美しい抑揚のあるライン、面構成。

今回、キャラクタラインを排したエクステリアというが

それこそ望んできたことの一つだ。

 

Wqq37

 

MAZDA 3

僕のロードスターの手触りに叶うことを

願うばかりです

 

 

 

 

|

2019/03/22

MAZDA 3

奇しくも02のようなイメージに落ち着いた。
最後まで迷ったのはボディ色と白内装の組合せ。

 

Imgp3529

 

 

アクセラからmazda3に名称変更した
先行予約用の簡易カタログ
そのトップページを飾るのはマシングレーのセダンだったが、
どうにも色味がしっくりこない。
ましてやソウルレッドは論外で落ち着かなかった。
決め手になったのは
ディープブルーのアテンザ白内装。
偶然、拝見できる機会を得て
前出の結論に至ったわけ。

 

お陰様で特別色による加算金額を
除外したオプション品に回すことが出来、
予算内で希望グレードに収まった。
商談をはじめてほぼ一ヶ月、
少ない情報ながら手探りで担当営業と
安全装備の仕組みや新機構、
色合わせとデザインの秀逸さを
ひとつひとつ丁寧に
自分に必要なのかを問いかけた。
それは現車が無いだけに
功を奏したように思う
思考の深度が違った。

 

セダン G2.0、Lパッケージ、フル装備。
ディープクリスタルブルー、白内装。

 

 

Img_20190224_063917

 

 

ディーゼルやハイブリッド、新機構のエンジンは
次世代の方々にお任せする。
マイナートラブルに悩まされるには
もはや経済事情以上に心の余裕がないからだ。

 

 

僕の最後の買い物だった。
TCS、DSC、GVC+
近頃流行りの電子制御の恩恵は
運転時の微妙な違和感を助長した。
それでも許せる車だと思った。

 

 

20181128092243

 

 

お気に入りは十年以上所有しても
飽きのこない無駄を削ぎ落としたデザイン、
(↑↑ココ重要)
面構成でつくり出す美しいフォルム、
艶があって凛とした佇まいが
容易に想像できた

 

 

 

Img_67a041bfcce058bf51e5f278cd681dcc2812_2

 

 

過剰なLED加飾、
エクステリアへのクロームメッキの多用が
ほんと辛いのです

 

白内装の維持管理が面倒?
そんな低レベルなことで
選択肢の幅が狭まるようでは
今のロードスターなど
とうの昔に手放している。
子育てが終わり生活スタイルは
より自分らしさを求めるようになった
その一役として十分、願いに叶う
愛車となりそうです。

 

正直、直近まで欲しいと思う車が
無かっただけに
ギリギリ間に合ったという思いが強い。
レガシーとの入れ替えにて
15年の年月、お疲れ様でした。
8月頃までもう少し、頑張っておくれ。

 

 

 

Img_20190402_055741
:
:

|

2018/10/16

突き抜けるもの

オープンスタイルでは
後方の抑揚が足りない。


Img_20181016_183226

この顔はボリュームのある
クーペの美しいリア周りと
釣り合う事を前提にした
デザインだと思う。
だから屋根が無くなれば
全体のシルエットが破綻するなんて
当然のことだった。

Img_20181015_1131261024x768


こんなことは想定内で
検討しての換装だったからね。
今更、何を?なんだけど。。。
欲が出てくるから仕方なかろう

あれこれ
お気に入りの見栄えを求めて
試行錯誤は続くのです。


Img_20181016_183025

リア周りのボリューム不足を
ファッションバーで補う。
オープンスタイルでは必須。
なんとか誤魔化す程度だけどね。
それでも許せるのは
群を抜く顔の良さに尽きる。

絵になるアングルは限定的になるが
それでも許せる個性的なフロントマスクと
後方へ続く抑揚のある美しいライン。
これが実現できるなら
mm1faseに換装する価値はあるのだ。

Img_20181015_112906800x530


将来、ブレースバーにするかもしれない。
とことん駄目な見栄えがあろうとも
それを突き抜ける美しさがある。

これは無難で中途半端なデザインに妥協せず、
ただ一点の美しさを愛でるということ。

この車、好きだわ


Img_20181016_195614


Img_20181016_200557


|

2018/08/22

三次

Screenshot_20180817204018

:

いよいよか
ワンオーナーで乗り続けた車の
三十周年告知だ
気分やノリという
いい加減な気持ちで
参加するつもりはない

自分自身が続けてきた
自分なりの財産を
そこに集う人たちと
お祝いできたらいい
それは着飾った愛車自慢だとか
仲間同士の同窓会気分とは違う


人の数だけ
それぞれの人生がある

そのひとつとして
僕の愛車があるということ
積み上げてきたものを
誇りとして共感できる機会を
得られるというのは
幸せなことだと思います

:
:

三十年。
この時間のなかで
僕はどれだけの都市に
滞在しただろうか
一週間から長期にはのべ1ヶ月以上の
場所を記してみる

名古屋、静岡、沼津、小田原、大塚、横浜、川崎
大森、渋谷 、錦糸町、上野、銀座、新宿、池袋、吉祥寺、

所沢、町田、八王子、甲府、船橋、
千葉、君津、水戸、日立、磐城、
浦和、大宮、宇都宮、郡山、高崎、前橋、新潟、

仙台、盛岡、青森、五所川原、
函館、札幌、旭川

岐阜、金沢、富山、京都、高槻、
梅田、宝塚、神戸、
高知、松山、博多、宮崎、熊本
(しかし、あんだけ仕事したの
いい思い出だよ、楽しかった)

ほんと人生 いろいろだ
勉強、たくさんさせてもらった
出逢った人に感謝

ロードスターとの関わりも
ただ何となく?
それだけじゃ詰まらないじゃないか
本気の付き合いだからこそ
記憶に刻むべき出逢いが
必要なのだと思います


:
:


|

2018/07/31

知ること

あっという間に殺到したような質問欄
この求心力たるや恐るべし
なんだろうね、冷めるよな。。。
自分とは縁のない感じだ

:

Img_20180731_172557

:

中古市場の出逢いって
ほんとに不思議?

たぶん思惑に合致するよう
脳が居心地のよい材料を勝手に
創造して快楽物質を脳内に
放出してるんだと思う
状況判断を誤ると危ない

脳の仕組みを上手く利用しないと
後で後悔する
辻褄の合わない出来事に脳は耐えられないのです。
勝手に過去の記憶材料を繋ぎ合わせて
納得のいく結果を脳内に描く
僕はwarukunaiと

それを少しでも冷静に判断するには
知り得ている情報の多さだと思っている
市場価値、相場感、自分にとっての必要性、
必然性といってもいい。
そこに至るまでの情報量が少ないというのは
衝動的で危険なだけだ。。。。

それも時には幸運をもたらすひとつに違いないが、
流石にそれを信じて待つほど若くはない。
出合い頭のラッキーパンチは若者に任せよう。

失敗したとき
オッサンは立ち直れない、否、復帰するまでの
忍耐力というか基礎体力に自信がもてないのさ。

良いものを納得して手に入れる

たとえ第六感による衝動的な行動であろうとも
日々、鮮度の良い情報に触れ続けていることが、
瞬発力となって発揮されると考えたい。
(すげーご都合主義←)

中古は出逢いのものという
それは十分な準備があってのこと
努々、軽挙妄動となりませぬように
自戒を込めて

:
:

|

2018/07/19

01 or 02

M2には二つのタイプがある
よりスポーティーに洗練されたデザインを01とするなら
02はエレガントで大人のスポーツカーだった
また同一カテゴリのVSはタン内装だが
02は淡いアイボリーの内装、皮シートが
チョイスされている
グレードの違いが判る象徴的な部分だった

僕はNAのなかでも
M2のようなシンプルであって
存在感のある、古きよき欧州車のテイストを
目指したように思う
01であっても02であっても構わない
ノスタルジックなスポーツカーのお手本として
常に潜在意識のなかにあった

:
:

そして
手元にある写真を並べて確信した

:

Jinya_rodo1a

:
:

Imgp7944

:

ワイヤーホイールに小振りのウッドのシフトノブ、
色目を合わせたブレーキレバーとステアリング
この組み合わせはエレガントな雰囲気で心地好かった

:
:


Imgp2696800x534_2


もうひとつは、
モトリタの黒皮ステアリングと光モノを
主体にした内装、CMC03との組み合わせ
深リムでツライチ、鉄チン風味のワイド感が
よりスポーティーで精悍なイメージになった

:

Bdcd950f39

どちらが良いというわけではない
手元に残ったパーツの使い方、
その組み合わせが決まりつつある
方向は、01と02 どちらも楽しめる
そんな感じとなった

:

少し試したいこともあるので
近日、ワイヤーホイールに戻します

落ち着きのないことと
笑ってやって下さいまし
どこまでいっても欲張りなんです

:
:


|

2018/06/23

デフォルト

:

やはりというか
センターずれは想定内のこと
スプラインの性質上、ボスの交換で
正確にセンターだしは無理だときいている

:

Img_20180623_181001800x600

:

これがダメなのは右上がりなこと
1ノッチ右へずらすと
センター位置は画像と真逆になる

それが現状ボスのセンター位置、デフォルトだった
まったく。。。失念のため再度、やり直しとなる
毎度まいどの二度手間にて自己嫌悪なり

:

Img_20180615_101917800x600

:

プラグコードの順番も
コード長の違いで判りそうなものだが
全てバラしての掃除となると
記憶は曖昧で不安になる。。。

なんだかもう心配性というか
粗忽者というか
自戒を込めて

:

|

2018/06/04

ワイヤーホイール 進捗状況

備忘録として。

手持ちのワイヤーホイールは
1本のエアー漏れを抱え
いつかはスポークが弛むだろうから
厳密なバランス調整など
なんの意味も持たないと謂われている

:

Img_20180606_074125

:

マツダがオプション販売した
当時、6万円/1本 原則NAテンロク仕様
(NBはキャリパー大型化、クリアランス激狭)
販売は1995年頃、中古市場も高騰?な気配。
ほぼ絶滅危惧種

:

Img_20180603_231107

。。。俄には信じがたく。。。
三年前はこの半分だったような


さてエアー漏れの原因
シール交換による怪しい対処?
べとつく素材をビートが捲き込んで
タイヤ交換による漏れ疑惑と
そもそもシールが剥がれて
スポーク付け根より漏れる疑惑
ここまではDHでの検証。

1528093405764

Before


1528093413659

After

メンテ出来そうな業者さんを紹介してもらった
実際にお会いして少し光明が。。。
次は漏れる1本を持ち込んでみるか
というとこまで進捗しております


Img_20180601_115341800x600

:
:
:

|

2018/03/08

塗装シート その後

使いはじめて
かれこれ5ヶ月が経過するローバックシート。
今の状態を記しておきます。

Img_20180308_140744

:

染Qの剥がれを確認。
擦れによる劣化と思われますが、
上のは何かを当てたんだろうなあ。
記憶なし、無自覚にて。

:
:


Img_20180308_102617816x612

:


右座席のみ肩の部分に擦れ。
貫通はしていない。

他の出品でここに穴の有るものを思い出した。
そういうことだったのか。
シートベルト付け根のカバーと干渉するみたい。
着座位置を1ノッチ前にずらすか
厚手のパッチで孔あき予防が必要そう。


:
:

Img_20180308_140902

:

座面を捲ってアンコ(激落ちくん流用)を確認。
へたりもなく頑張っている感じ、ありがたい。

んで、ドラレコ交換時にポロリと落としたminSDが( ̄▽ ̄;)
探しまくって見つからんかったやつじゃん。

ありえんでしょ、ここって?
隙間からここまで滑るとか?
ワケわからん。。。。
とかいってる内にまた紛失しました。
ご縁が無いようで
愛情が足りません

:

今月、車検の前に点検しててのこと。
再塗装のために暫く純正に戻します。
しかし、腰には悪いわ純正シート!
ちょい座っただけで居心地悪し。
ナカマエさん、有りがたいよ。

:
:
:

|

2018/01/09

NA

毎回、仕上がり具合に疑問符続出?の
国産名車シリーズですが、、、

:

Img_20170517_180526

:

僕の場合、密林の予約画面を待てども
スルーされることが多く、
購入にすら至らず
やるせないことったらもう

おまけに
発売日には既に高騰しているという
目茶苦茶な状況がですね、
1年以上経っても続いている訳です。

:


んで、これ。
当然、適正価格

:
:
:

Img_20180109_162359600x617

:


待ちましたとも。
なんせ36号ですからね、、、
2016/8/30 販売開始、2000GT買いました
正直、諦めてましたわ NA
(*T^T)

明日、引き取りに行ってきます!
店舗留置きなのだ

:
:


書店で予約しろって
ことなのかなあ。。。

:

追記

リトラ開かずも十分、満足。
こういうの欲しかったんだよ
初モノです。

Img_20180110_174813816x612

:

鑑賞用と保存用に
二個入手
お約束ということで (*≧∇≦)ノ

:
:


|

より以前の記事一覧