整備

2018/10/15

mm1faceとローバックシート、ファッションバーの必然性

ナカマエのローバックシートは
腰痛対策に貢献しているが、
mm1faseとの相性、見栄えは芳しくない。
強いてはファッションバーの
有無とも関係していることを検証した。

動機は小振りのシート形状になって
大柄なファッションバーが全体の
イメージを悪くしている?
ならばブレースバーと入れ替えてはという
直感的?短絡思考からだった。

でだ
ファッションバーを取っ払ってみた


Imgp9620800x530

つらい。。。

敢えて最も見栄えの悪い
真横からのシルエットだが
辛すぎます。

そりゃそうだよね。。。
mm 1は元来、クーペデザインだもの、屋根ありきだ。
このように屋根なし、痩せたシート周りでは
何をか況んや。

Img_20181015_1131261024x768

要するに
ファッションバーを取っ払ってスッキリしたのは
mm1顔からリア周りへのデザインの
チグハグさ、胴長さ加減が
見事に露見したってこと

スリッパかって。。。

Img_20181015_112906800x530

Img_20181015_112758800x530

Img_20181015_113248800x530


近景はむしろ好印象?
まだ許せる範囲かなあ。

いずれにしても
せめてファッションバーで
後方に厚みをもたせるべきかと。
これでは前後のバランスが悪すぎます。

mm 1にナカマエの小振りのシート。
ノスタルジックな演出に間違いはないが
オープン時の後方の物足りなさを
どうにかする必要があると再確認出来ました。


Imgp8378aa


これ以上、エアロパーツを増やして(シート後方)
本来のNBデザインから遠ざかることは避けたいので
やはりファッションバーは必然かと考えます。

3429362


201605119a


元々あった
初期の純正シートとの組合せが
全体のシルエットとしては
最適だったように思います

後期シートは背が高く
尖った形状がよくありません
あれって好きになれんわ


|

2018/10/07

クランクアングルセンサー交換2(下側)

噂に違わぬ面倒臭い部類のヤツだった。
結果としてタイラップでセンサーコードを結束、
センサー直近のステー取付を諦めた。


Img_20181006_203506800x600


素人作業まるだし、
自分にとっては想定内?
いやいや、これはもう嫌な予感が
的中というしかない。

4時間の格闘を経てDラへ丸投げというか、
正規の交換手順を本気で知りたい!と
明日、懇意のマネージャーにアポ済。

*******************************-

ここでは
現場合わせの手順だけ記載する
これを真似ると先行き怪しくなるので
ご注意あれ

:

Img_20181006_204053800x599

下側のセンサー自体は苦もなく外せる
10mmボックスレンチにジョイント繋げて対処。

:

Imgp2836800x534


:

センサーはこのカプラまで
コードで繋がっている。
最大の難関はここだ。
コードを通している隙間が狭過ぎて
センサーは勿論、外したカプラとか、
抜き取る事が出来るのか。

まあ問題は先送りにして
この時点では
センサー自体を外すことに専念した

:

Img_20181006_2058501024x767


:

ここはセンサーコードを
奥に引っ込めておく結束ステー。
ラジエターホースでも苦戦した結束バンドだ。
この類のバンドは其々、噛み合せの仕組みがあって
無闇にこじいてもろくな事が無く
経験則としては大抵、千切って壊す。
要はタイラップで結束、代替としてきた。


:

Img_20181007_004312


:

しかし今回は場所的に難しいと判断。
将来、熱劣化などでタイラップが切れた場合、
直近のファンベルトに接触することが危惧される。
奥に逃がしてコードを留めるステー形状が
理に適っていると理解した。


:

Img_20181006_204239800x599_2

:

バンドの開閉構造を知るために
ステー自体を外す。
手持ち工具ではこれしか選択肢なし。
スパナなど柄が長く使えなかった。
ファンベルトを力技で回避して
ボルトにかけた

(将来、ここが元に戻れなかった直接の原因となる
ファンベルトが邪魔してボックスレンチがかからず
夕刻時間切れ、集中力も限界)


:

Img_20181006_204008800x599_2

Img_20181006_203715800x600_2


:

開閉構造は至ってシンプル、
解わかれば、こんなものかという典型事例。
仕方なかろう。。。


:

Img_20181007_002320800x600

:

さてセンサーの抜き取り。

センサーコードはオレンジのライン通り
隙間からセンサーかカプラを
引っこ抜くわけだが
隙間は狭く無理。

:

Img_20181007_192135

:

クーラントホースが
ファンベルトを跨げば
抜き取るスペースを確保できると考察

:

Img_20181007_193223800x530_2

:


Img_20181007_002429

:

止血して
ホースをベルトより回避、
無事にカプラを抜き取った。

:

Img_20181006_203432800x600

:

スッキリしないのはここも。

カプラは本体に刺さっている
抜き方が解らず破壊した
毎回、こんなんばっかだぜ

:

Img_20181006_203853800x599


:

この刺すやつって
外せるのかね
(裏側からのアプローチ以外)

:

Img_20181007_111315


:

センサーはプーリーの突起(ひげ)を
感知している
ここの隙間と向きに
注意して取り付けた。

しかし
逆の手順で全て終了の筈が
前述の通りステーの取付ボルトを
ボックスレンチでは回せず諦めた。
タイラップで結束、代用して終わる。


:

今後としては、
横からスパナで締める為に
短めの10mm工具を新調するか、

ファンベルトを緩めれば
既存のボックスレンチで無理なく
解決できると予想。

確か緩めるだけなら
オルタのアジャストボルトを
動かすんだけど。。。
盛大に緩めるとなると
オルタの下側のボルトまでアプローチせんと
オルタ自体が動かない。
あれって馬上げ必須だったが。。。

流石にもう面倒臭い、
根気があれば後日、対処。


あれだわ、
正規の交換手順を確認する方が
精神衛生上よろしいかと。

これにてDラへのアポとなりました。
以降は追記にて。

クランクアングルセンサー(下側)
@6858

:
:

■ 追記 10.07 pm18:00 ■

Dラに預けて10分経っただろうか?
取付け作業は終わっていた。
10mmの短い普通のメガネで
ちょこちょこ締めてお終い。

ファンベルトを緩めるなんぞ論外である。
マネージャー曰く
「ほぼ(作業は)終わってますよねぇ」
その言葉が重いわあ、
短気で申し訳ない。
僕に足りないモノを言い当てるなら

「根気」

マネージャーと意見は一致、
それ以外あろはずがない。
爪の甘さは相変わらずだが
流石にもうメンテは半日が限度かも。
要は集中力の問題となりました。
口惜しいかな眼も見えぬ(老眼)

これからは預ける事が多くなりそうです。

■作業手順■
それほど遠回りでもなく、
準備不足による不手際だったかと。
クーラントホースの止血工具やら
予備ホースを探したりとかね。

最悪はステーの取り外し。
ここは外さずにバンドを開いて対処すべき。
バンドの開閉構造を知る機会になったが、
シールピックアップツールで引っ掛けて
試せばよかったわけですな。
思慮が足りませぬ

:

F107

:

最後にカプラの挿し込み。
あれを抜くには
内装剥がしで根気よく
こじるんだとか。

:

Img_20181008_062103

:

なるほどね、
何事も根気よくで御座います。

:
:

|

2018/10/06

クランクアングルセンサー交換1(上側)

古い車は品番含め
形状すら変わることがある
何がしかの対策品であるかは不明。
まあ部品メーカーの都合じゃなかろうか、
Dラからは特に説明なし。
(過去にはクランクシャフトプーリー

それで上側の
カムクランクアングルセンサーの新旧比較


Img_20181004_170150800x601_2
(左、新品)
ほぼ同じだが。。。


Img_20181004_170255800x624


新品は画像の通り
反対側の形状が
異なります


Img_20181004_1531431024x768

上は見たままの交換で、
付くようにしか付かない。
至ってシンプル、
再始動も問題なし。


カムアングルセンサー(上側)
@5086


|

2018/07/18

EGオイル、フィルタ交換(15)ディラー

EGオイル、フィルタ交換

Dラーにて交換.

フィルター交換の必要はなかった。
失念にて

累積:119700 km

次回予定 125000 km

|

2018/03/26

クラッチレリーズ、マスタシリンダ 交換

:

Img_20180324_101009816x612
(交換後)
:

20年目の予防的措置として交換
OHも考えたが十年単位で乗り続ける車、
ゴム交換だけでは漏れが散見されることもあり
アッセンブリ交換とした
今月、車検時に実施。

:

Img_20180212_210845


:

工賃込み
クラッチマスタシリンダ、クラッチレリーズシリンダ
合計 ¥30000

:
:

Img_20180324_101558816x612

:

フルードの透明感が
清々しいことったら
それだけでも交換して良かったよ
なぜ真っ黒になってしまうんだろ?
また戻るの嫌だなあ

:
:

Ads1

:

2012年頃の状態
ずっと濁ってます
マスター側。。。


:
:

|

車検

:

通常整備に追加事項として

ディファレンシャルオイル交換
クラッチ マスタシリンダ
クラッチ レリーズシリンダ 交換
(予防的措置)
ワイパーゴム交換
(失念事項、自力交換が間に合わなかった)

【特記事項】
オイル交換は依頼せず
LEDヘッドライトの光量、光軸、カットライン
全て問題なし

:

合計 159000円
走行距離 116073km

:

【備 考】
クーラント漏れの指摘あり
ロアー左側のかしめより滲みとのこと
リザーブタンクの異常な減り具合に符合する事象。
緊急性はないが近日中に社外品交換を検討する。

純正品は六万+工賃、そこまで拘る必要性を感じないし
不満のある16mm厚を考えると現実的ではない。

いずれにしても
車検を無事に通して下さっただけでも有りがたかった。
車検という日程上の時間的な制約を考えると
最悪、純正品交換の強行とか
車検整備拒否とか、、、、
あっても不思議ではなかった?

懇意にして頂いているDラさんに感謝します。

:
:
:


|

2018/03/08

ラジエター液 補充

:
:

あれれれ。。。
いやー気づかんかったよ、
自然蒸発なの?

:

Img_20180308_130138800x600

:
:


ほぼ200ccかなクーラント在庫を補充。
てかここ数ヵ月、フード開けてなかったっけ?
ほんと愛情が。。。。
車検終わったら磨こっと!

:
:

Img_20180308_141020

:

あぶねーーーー
これって要経過観察かもな
駐車場での兆候は無いけども。。。

機関内部に漏れてないことを!

:
:
:

|

2017/12/17

ホーンボタンからビビリ音

:

ステアリングを交換して30分もたたない内に
メータ周辺からジーーーーーーージージーー
地味に勘にさわるビビリ音が発生。
メータフードや中の配線、
メータカバーの弛みを疑うというね。
ちょっと?バンバン叩くとかさ。

今まで出なかったんだから
優先順位はステアリング!
冷静になれば判るものを。。。
気付けよ自分

ステアリングに耳を近づけて、
やっと気が付くという体たらく。
俄整備の危うさを痛感、、、

んで。
ホーンボタンが怪しい。
手で弾くと見事なビビリ音が
ビーーーーーーン

:

Img_20171217_092326_crop_542x389

:

皿から異音じゃね?
バネを引っ張って、
押さえ付け強度を確保。
解決。

まあね、解れば単純なもんだよなあ
ボタンの構造も然り。
なんともかんとも、
判りやすいやね、オモチャだな

:
:
:


|

2017/12/16

ステアリング交換 モトリタ

:

ボスの押し込みが
重く粘っこいハンドリングの原因なのか
手持ちの別のボス(HKB)に交換して検証。
このボスはモトリタ用に使っているもので、
締め込んでもストッパが効いて
ハンドル根本(車体)に干渉することがありません。

結果
右左折、スムーズになりました。
本来の軽快で安心できるハンドリングに。

やはり
乗り降りでハンドルを上下にこじいて
スプラインが削れ径が徐々に
広がってしまったように思います。

問題のボスは
新品装着時、浅く切ってあるスプラインを
押し切って圧着させる仕組みなので
尤もなことだと思います。
ガタが出たら交換する消耗品と考えます。
スポーツ走行に需要の多いメーカでもあるので
不慮の事故などによる過剰な負荷に対して
アルミが潰れて力を逃がす構造かもしれません。

:

Img_20170528_122041800x600

:

このタイプ(丸穴)のナルディは珍しいと
66本を仕入れたのだそうです。
その最後の一本を僕が、、、という品物です。
店長、思い入れたっぷりの品なのです。
今でもたまに、笑いながら返してーとか言ってきます。
強ち冗談でもなさそうですが、、、

:

Img_20171215_180938816x612

:


まあ、あれです
おっさんの趣味はプライスレス、中途半端がいけません。
そういう付き合いのロードスターですから、
許して貰えるかな
これからも大切に使います。

:
:

|

2017/12/05

EGオイル、フィルタ交換(14)

:

EGオイル、フィルタ交換

DHにて交換.

累積:114600 km

次回予定 120000 km


次回、グレード変更のこと。
純正規格 10w 30
一般的な使い方で
10w 40 これがいいかと。

:

「 経済性、省燃費性能、と高温粘度での性能が
もっともバランスしているエンジンオイルの粘度は
10w-40だと言えます。
部分化学合成油でも
このあたりの粘度のエンジンオイルが
最も多く流通しています」
記事より抜粋


:
:
:

Img_20170520_102855800x600


:
:
:

|

より以前の記事一覧