整備

2017/05/28

パワーウインドウSW

:

パワーウインドウスイッチの爪を折って久しい。
センターコンソールの脱着作業では
必ず最初に外す部品だった。

これ内装剥しのツールを差し込んでも
簡単には浮いてこない。。。
見事に折れましたな。
もう5年も前のこと。
やっと中古品を手に入れました。

:

Img_20170528_184749800x600

:

爪が残っているものはお高いのですが
夏場になるとどうにもいけません。
残っている片側だけの爪では
浮き上がるったらもう!
気が付くたびに叩いて押し込むのも
なんだかね、直せる内にやってしまいます。
この品で大丈夫でしょう。

シフト側を先に嵌め
そこを支点に反対側を押し込む。
パチンと音を立てて収まりました。


:

さて問題は。。。。
どうやって外すのかだよね?
嵌めた手順の逆をたどるのかなあ
先ずはプリペイドカード差し込みで
剥してみますか。
エアコン吹き出し口みたいに
外れることを願う!

:
:

Yオク
¥5000

:
:

|

2017/05/25

光軸調整

:

LED ヘッドライトに交換して
上方への光漏れは根本的に改善しておりません。
色温度を4500kに下げたとはいえ
漏れるもんは漏れるんだよね。。。

将来、ハロゲンに戻しての
車検対応もあり得ると考え
光軸調整は敢えてしなかったけどね。
やはり対向車のことを思うと
精神衛生上、宜しくありません。
光軸調整、下向きにしました。

:

具体的には道路を照らして
上の調整ネジを左に回します。
だいたい4回転位か?忘れたけども

:

20160518


:

そうです。
見た目の判断、
なんの根拠もありません。。。
運転しなれた自分の感覚を頼りに
ほぼほぼ。これじゃね!みたいな

我が感性を信ずるのみですが、
まあね、光軸調整しないより
ずっーーーーと良くなりました。

これで車検は通らない?
案外、通ったりしてね。
ある意味、来春が楽しみだよ
自虐

:

追記
2017, 5 , 29

なんと
Hiのインジケータランプが点かない。
問い合わせると他のユーザも同様とのこと。
現在、購入店より問い合わせ中にて
懸案事項に。

原因
NB 1はH4タイプのハイ、ロー切り替え式。
NAもH4だが仕組みがNB 1は違うらしい。
何でもプラスとマイナスが入れ替わるとか
何だとか?よくわからんけどね。。。
前のモデルではキット付属のリレーを
経由させて対処していたそうです。

今回製品からはリレー不要の仕様でしたが、
どうやら対策できてない気配が濃厚。
このままだと車検不可じゃなかろうか。。。

:
:

|

2017/05/20

EGオイル、フィルター交換(12)

:

EGオイル、フィルター交換

DHにて交換.

累積:108600 km

次回予定 112600 km

:
:

Img_20170520_102855800x600

|

2017/05/06

右前ウインカー接点不良

:

前回、ギボシの部分を触っただけで
ウインカーが正常に点滅したので
ギボシその物のカシメ具合を確認しました

これはカシメが甘いと
みん友さんより指摘、

:


Img_20170506_185715

:

早速、カプラに変更です。

:
:

Img_20170506_131942800x600

:

ギボシを分離しようと被膜の上から
ごそごそやってるだけで線が抜けました。
確かにカシメが甘い、
裸線が短い?ように思います。

:

Img_20170506_133223800x600

:

苦手な電装系、専用工具はあれど
カシメるのに適した箇所が判りません
被膜を剥ぐまでは何とかなったんだけどね。

狭い空間に大きな工具。
ゴンゴンと回りに当たってるし、
グニュっと潰しただけで、
お手本みたいなカシメじゃないし
もうね、ラジオペンチと専用工具で
ゴテゴテに潰してやりました。。。。

抜けなきゃいいや!いいのか?です。

:

Img_20170506_141321800x600

:

ぎゅっと嵌めてパチンとロックして完成です

ビニテは
接続端子がカプラに収まりきらず
外に飛び出しぎみだったので養生、
前のギボシより見た目は悪いですが
これで断線しなきゃ恩のじです。
左側も用意しましたが
交換する気力がありません、
断線した時に考えます

やっぱ線つなぐとか嫌いだわ

:
:
:

|

2017/05/03

エアコンディフューザー 調整

:

経年劣化で枠内側の生地が
滑り止めとしての機能を果たしておらず
10分もすれば下を向いてしまうエアコンディフューザー

以前、クロームにするとき、内装はがしで
四苦八苦したのです
ところがカードで簡単に外れるとのこと
やってみる

:

Img_20170503_120855800x600

:

隙間に薄いカードを差し込んで
内部の爪を解放してやれる。
(写真のカードは厚いので
薄いプリペイドカードを使用)

左右、二ヶ所にあって2枚必要。
そこそこ奥までグリグリといけば
ゴクンという手応えがあって浮いてくる。

後は見たまま分解し、
中のフェルト生地のヘタリ具合を確認。

今回は内部の生地を10mm程ちぎって
重ね合わせ、厚みをもたせてみた
本来は程よいトルク感で動きを制御したいが
ほぼ固定なので動きは硬めでいい
元に戻して完成です

これで
シャキッとして気持ちよくなった

5分ぐらいの作業、
もっと早くしとけばよかったな

:
:
:

|

2017/05/01

ミッションオイル交換(D)


:

Dラにてクラッチ交換の折り
(2017年4月21日)
付随作業として発生、
サービス扱いとなりました
ありがたいことです

走行距離
108000km
無料

:
:

|

2017/04/21

クラッチ交換

緊急性のある整備ではない。
いわゆる定期交換の部類、予防的措置。

■症 状■
発進時、低回転でクラッチを繋げると
ノッキングとは違うダダダッというもたつき、
ジャダーが出始めた(NB持病)。
アクセル煽り気味なら問題なし。

クラッチのオンオフでミッションからの音が煩くなる。
この頻度は極めて限定的、Dラでの再現性は低かった。
パイロットベアリングの劣化?

■整備理由■
いづれ交換必須の定番整備項目。
ベアリング、オイルシール、クラッチ板。
フライフォイールは街乗り主体でもあり
今回は見送り
✳ジャダの改善はフライフォイールの交換必須。
よって今回はジャダ問題先送り✳

19年目、10万km、このタイミングで交換し
更に10年、安心して乗ることを目指します

■作 業■
いつものDラさん
作業事態は1日で十分なれど
シールの乾きを考慮して
四日ほど予定

■金額と実施状況■
シール不良によるオイル漏れあり、
シール交換にて対処(想定内不具合)
ミッションオイルも同時交換。

合計 ¥73880

Img_20170422_215123800x356

:
:

|

2017/02/28

グラスターゾル


:

久々のヒット
良い仕事します


グラスターゾル


ネットで拾ってきた情報にて
試しにワックスとして使用
艶々でボディカバーの綿布が
さわさわと滑り落ちます

クリア不足のリア回りも
今まで使った中では
最も良い結果になりました


:

Img_20170228_164826800x600


:

これだからねー
止めたいけどなかなか抜けれない
SNSの恩恵かと

:
:
:


Img_20170228_164751800x600

:
:
:

|

2017/02/27

タイヤ考

:

さてSドライブは夏までもたない。
折角、足が整ったので
頼りない奴となじっちまったDIREZZA DZ102
改めて履き心地を比べてみる

:

あの踏ん張りが効かない頼りなさは
紳士的乗り心地になった
これは初めて履き替えた時に思ったこと。

スポーツ走行が苦手とは違う
安心してコーナーに入れるということ
自分のスキルでは必要にして十分

:

Img_20170225_160524800x600

:
:

脱輪事故からトラウマも重なってか
印象が変わってしまったけど
機械的な問題と判って安心しました
とにかく高速コーナーでの安定感が
秀逸です

:

Img_20800x602

:
:

んじゃSドライブは?
本格的なスポーツ走行には向きませんが
(ポテンザクラスのタイヤ)
ディレッツアZD102よりはグリップが上です。
路面の応答性もよく
アクセルを踏むのが楽しくなります。
当然、車体の軋み音
粗い乗り心地は仕方ないかと
まあディレッツアと比較してのこと
実用性に問題はありません

乗り味として楽しむなら
コーンズはSドライブ
BBS はディレッツア
この二本立て

見映え共々、楽しみが増えるのですから
歓迎すべきことになりそうです
どちらが駄目という結果にならなくて
良かったと思います

何より大切なのは

この車は僕のロードスターだということ
誰かの受け売りだとか
真似だとか
そういうのはもう
どうでもいいのです

僕が僕であるために
ロードスターがあるのですから

:
:
:


|

2017/02/26

サスペンション減衰力調整

:


テインフレックスの車高調整に交換して五年
はじめて減衰力調整にて足元を整えました
というか初期値(販売店推奨)に戻しただけ

右回し一杯(ソフト)から固めへ


フロント : 8段戻し
リア  : 6段戻し

:

Img_20170227_113719800x600

:

■経緯
最近、気になってたのが
高速コーナーでの腰のなさ、
ギリギリ粘って旋回してますという不安感

具体的には
高速道路本線への進入路とか
普通車に煽られんじゃないかという
スポーツカーらしからぬ体たらく。
タイヤをディレッツアDZ102からSドライブへ
交換して随分、良くなった?
気がしてたんですが。。。

先日、ツーリングで前方を塞がれ
「眠くって」という
先導車の言葉に唖然。
下り高速コーナーが続く
快適な道で
確かに後続の普通車も
ぴっちり追走の団子状態。
んでも。。。

正直、少々、痩せ我慢というか
いつ滑る?気持ち悪い不安感で
冷や汗ものだったのです。

■対応
テインフレックスに交換販売店にて相談
サスペンション、バネを交換する前に
減衰力調整してみては?となり

店長と(が)確認すると
フロント側は最ソフト設定の左右差があり、
リアもいい加減な状態?とのこと
何で?

(リアは流石に初期状態と思う。
ボルト固定のカバーがあるから。
勢いで言ったような感じだな)

結果、初期値に戻して
快適になった次第です

もう呆れてものが言えません。
正常にて安心感が戻りました

■備考
不思議なのは減衰力調整など
意識してどころか
ツマミすら触った事がないということ
勝手に動くとは考えにくく

怪しいのは事故修理の時か?
店長と首を傾げるばかりです

誰か触ったとか、嫌だなあもう


| | コメント (0)

より以前の記事一覧