パーツ

2018/06/30

ステアリング・ボス 2

:

■二種類のボス 要点

ステアリングとの距離感は
純正時のポジションを優先させている
ウインカー操作の違和感は
ドライブそのものを不安にさせるからだ

社外品ステアリングに換装するのは
簡単だが、この距離感だけは
随分と悩まされた
適うポジションに相応しいボスを
探さねばならない

ボス販売元にはメーカ適合表があるが
それは装着可否(エアーバッグ対策など)であって
ウインカーまでの距離感や操作違和感を
保証するものではない
手持ちのステアリングとの相性はボス長を
知ることからはじまる
当たり前のことだが。。。これが面倒な作業だった

ナルディ ディシュは WB(oem CMR)
モトリタ フラットは HKB
この組み合わせに落ち着いた
(2018年6月まで)


現在はモトリタの純正ホーンボタンの使用により
厚みのある専用アダプターに交換
運よくWBがマイナス15mmで転用可能だった

:

■装着時の要点 WB
HKBは取説、現場合わせで見たまま装着すればいい。
繰り返し付け替えても問題ない
(過度の交換による不具合の保証なし)

問題はWB(アルミ製品)、指定トルクを守るように
注意喚起する写真つきの説明書が添付されている

:

Img_20180630_134647800x600

:

実際のところ
車体側のステア軸である鋼鉄のスプラインに
ボスの柔らかい素材、アルミを押し込んで
圧着させるイメージだった。
よって何度も脱着を繰り返すと
柔らかなアルミのボスは
車体側へ順次、押し込まれてしまい、
最悪、車体側と接触、摩擦抵抗により
ステアリングが固く軋み音が発生する

この状態で走らせると
ステアの復元力が無いため危険
直進安定させるだけでも重労働てか
立派な整備不良車

■何度も付け替えない WB
経験上、2度まで。
センターだしは仮付けにて慎重に。
締め付けトルクは15N。
最終的に30Nに近づけるイメージ。
軋みが出たら諦める。
仮に弛めてもガタ付きが残り
安全上問題あり。

■WBのセンターだし

交換する前にビニテで現状ボスのセンター印をつける。

:

Img_20180630_105726800x600

:

ボスの三角マークと車体側の三角マークを合わせセンターを決める。

:

Img_20180630_111140800x600

:

アダプターとステアリングの位置合わせ
ナルディ、モモ変換アダプタであるため
それぞれ孔の位置が微妙に異なる

:

Img_20180630_110027800x600

:


センターが大幅に狂った時は
次々と適合する孔の位置を試すこと
別の箇所で合っていたりする

スプラインの性質上、厳密なセンターには出来ない。
モトリタのロゴが水平となる
右下がりを基準とした。
右上がりは見た目以上のセンターずれを感る

|

2018/06/20

モトリタ ホーンボタン3

:

雨の一日、
ポリッシュを磨きなおし
ボスの交換含め
全てを入れ替えた

:

Img_20180620_143748800x600
交換後の写真

:

厚みのあるアダプタ、
アルミポリッシュとの相性もいい

:


Img_20180620_092015800x600

:

将来、小さな(普通の!)マツダロゴの
ホーンボタンに交換することを想定、
手持ち在庫でイメージを確認

使わなかっ理由を思い出した
、、、、チープだわ
中途半端がいけません
あるべきデザインが
台無しになる典型、最悪です

:

【ボスの交換】

Aw1

:

メーカ指定トルク 30N
このボスは特に気を使う

:

Img_20180620_130546800x600

:

付け替えは経験上、二回まで。
センター出しさえ慎重に行えば
問題ない、安易に見切り発車が
間違いのもと、仮付けにて確実に。

今回は1回で全て綺麗に収まった
いやいや継続はチカラなり!だよな
軋みもなく操作も違和感なし
-10mm長のボスで正解

しばらく
ナルディは目の保養と致します

:

モトリタホーンボタン
@4000
専用アダプタ
@6500

:

|

2018/06/19

モトリタ ホーンボタン 2

Aji3

:

一般的なホーンボタンなら現状のアダプタで済むが
本来のモトリタホーンボタンには専用のアダプタが必要。

:

Img_20180619_175815800x651

:

Img_20180619_175947800x600

:

厚みの違いは
ボスの変更を意味する

専用アダプタ(右
15mm
汎用ホーンアダプタ(左
5mm

10mm短いワークスベルが
使えるとわかった

:

Img_20180619_180049800x600

:

よくよく考えてみると
モトリタのステアに専用ホーンを付ける事が
最も需要が見込まれる筈で、
その証拠にググれば専用アダプタばかりヒットする
むしろ汎用ホーンを使用するためのアダプタを
探す方が難しいと感じた。

そういう意味では。。。
汎用ホーンアダプタって貴重?

:

Img_20180619_194315386x330

:

将来、小さな(普通の!)マツダロゴの
ホーンボタンに変更する選択肢があるのは
楽しみでもある
いやいや、むしろこっちか ( ̄▽ ̄;
実に悩ましい。。。
モトリタのステアリングとして拘るか
マツダであることを主張すべきか

:

Img_20180615_161010800x600

:

全体のイメージの纏まり具合もあるから
先ずはモトリタに拘ろう
将来的にはマツダの選択を検証する!

:

取り付けは後日にて

:
:

|

2018/06/18

モトリタ ホーンボタン

メータ針をクロームに変更した機会に
ホーンボタンもモトリタ専用に交換します

元々、ナルディのウッドを愛用していた為、
出番の少なかったモトリタですが、
やはりネックは汎用品のホーンボタンです
何を宛がっても纏まりが悪く
上手くいきませんでした
そもそも意匠にそぐわないことがいけません

:

Img_20180615_143943800x600

:

ホーンが鳴ります
あたりまえ?
旧英国車の定番アイテムであるモトリタ
ときに旧英国車では
ステアリングで鳴らすとは限らないのです
当然、中古市場ではキャップ仕様もあるわけ
(これが混乱の元、製品探しが
億劫になっていた理由のひとつ)

:

Img_20180615_144156800x600

:

通常は端子(オス)があるのですが、
仕方ないので自作します

英国製品、ここらが不親切というか
ユーザを育てる環境?というべきか。。。

:

Img_20180615_161026800x600

:

モモ変換アダプタの形状に問題発覚
ホーンの爪をかけるだけの
深さが足りません

だとすると
経験上、アダプタが厚くなる筈で
短いボスが必要になりそうな予感
10mm短い予備のワークスベルで
間に合えばいいのですが。。。


:

Img_20180615_181652800x600


アダプター入手に数日あるので
先ずは装着イメージを掴んでおきます
ゴムを周囲に巻いて嵌め殺しで宜しいかと

:

Img_20180616_162638800x629

:

爪が外枠に届いていません
これでは通電されず鳴るわけがない。
また通電させても鳴らない!という事実も。

現状のアダプタではどう工夫しても
無理そうです
(ボタンを接点まで押し込めない
クリアランス不足)

:

アダプタ待ちにて先ずはここまで

:


Imgp2696800x534_2


:

スッキリ!全体の調和も申し分なし
ノスタルジックな風合いが
居心地の良さを物語っているかと。。。

あれだよ
現代車のインテリアって
モデルチェンジの度に陳腐で
古くさいイメージになること多し

自己満足にて

:


|

2018/05/11

タイヤ

:

二つの銘柄を使用中
備忘録として


DUNLOP
DIREZZA DZ102
185 60 R14 82H
(ワイヤホイール)
同銘柄 R15
(BBS )

YOKOHAMA
S.drive
185 60 R14 82H
(コーンズCMC03)

:

Img_20180511_105727800x600


Img_20180511_110832


Img_20180511_105653800x600


Img_20180511_110029800x600


Img_20180511_110914


|

2018/04/18

ラジエータ交換 2

:


Img_20180418_104915800x600

:

メカドックラジエータ
HONDA純正コアを使用した25mm厚の
NB1ロードスター専用ラジエータ

○NB#、MDラジエター ¥32,400(税込み)
○送料         ¥2,160
●合計金額      ¥34,560(税込み)

:

二度目でもあり交換手順は省略。
正直、交換事態は苦もなく終る
アンダーカバーの脱着と水、エア抜作業が
全行程の7割を占めるとさえ思えた
ホース類の交換は見送ったので尚更です
(これで工賃払うの嫌だわ)

:

Img_20180418_171834

:

問題のアンダーカバーを外す。
毎回、この程度の漏れが必ずあったが、
これを由とするかどうかは。。。
ほぼ2ヶ月でリザーブタンクが空になるしなあ
やはり精神衛生上よろしくありません

:

Img_20180418_171815

:

ロアタンク左側のカシメより漏れる?
その内側も怪しい?Dラ様の診立ては
実際、こんな感じで。。。

:


Img_20180418_171748

:

うーん、左半分のカシメよりじわじわ滲み出てる?
当然ながら素人には判断がつきません。
まあ暫く手元に置いておきましょう

:

Img_20180418_110020800x600

:

判ってしまえば
こんなものか?という
典型例の交換作業です

:
:


|

2018/02/03

ドライブレコーダ取り付け 3

:

仮留めして録画を確認。
先ずは助手席側に設置して
バックミラーの付け根直近に貼り付けた。
これだと正面ロゴなどが天地逆さになってしまうが
モニター画面は正常なため試す。
(天地逆転にしたのは両面テープの貼り付け面が
フロントガラスにバラついて纏まりが悪いから)

結果
本体モニターは正常に映るが
PC で確認すると見事に天地逆さになったという。。。
助手席側は不可とする
:

次に運転席側設置。
こっちはバックミラーの裏側に
完全に隠すことは出来なかった。
右側に10mm程はみ出てしまう。
まあ慣れればそれほど邪魔ではないが、
残念なのは録画中を示す赤ランプが
視界に入ってしまうことだ。

昼間は問題無さそうだけどね
夜間走行で煩そうな予感。
まあビニテで隠せばいいが。。。

:

Img_20180203_134753816x612


:

さて使い心地と見映え。
外から見れば問題ない。
画質も良好。
水平が多少、狂ってしまったが。。。

てか。。。
やっつけ仕事のつもりはなかったけど

:

Img_20180203_125156816x612

:

両面テープには気泡が入るし、
線の引き直しもイマイチ、適当に、
ぐちゃぐちゃと押し込んでお仕舞いとする。

なんだろうなあ
テンションあがらんわ
仕事が一息ついたころには
暖かくなっているといいな

どっか行かなきゃ
やるせないったらもう
こんな小道具が
なんの慰めになるのやら

:
:
:

|

2018/01/20

ドライブレコーダ取り付け 2

:

フロントガラスとレンズの間が
これだけ違う

Img_20180120_185137

上 COWON 現状
下 コムテック 新規

:


Img_20180120_184554


:

上記の違いは歴然で
バックミラーの付け根の映り込みを招き
フロントガラス上端より随分と下に
距離をとって設置しなければならない。
結果として5ナンバー規格の
コンパクトなスポーツカーの顔には
これ見よがしに目立ってしまう。

実に腹立たしい
なにがって、これを選んでしまった自分にだ。
随分と慎重に比較検討したつもりだったのになあ
どこで間違ったのかな。。。

元々はコムテックよりも
ユピテルに決めていたからだ。
設置形状がCOWON に近く違和感がなかった。
マイナス要素はスマホでのwifi操作
(煩雑であり自分には不用)とか
同社機種の発火リコール問題、
発売が2016年というのもね
後発のコムテック商品に
技術的な優位さを感じて
しまったように思う。

兎に角、見映えの悪さが致命的なため
ロードスターに設置するのは諦めた。
コムテックはレガシーに取り付ける。

ユピテル、試してみます。
ちょっとドキドキではあるけどね
まあ大丈夫だろう

:
:

追記 2018 01 22

ユピテル DRY-V2
@10770

:

Img_20180124_181018

:
更にガラス面に近い

:
:


Img_20180124_174638


:

さてこの違いが
どうなることやら
先ずは運転席側から試してみます

てか、最強寒波!むりだろ

:
:
:

|

2018/01/16

ドライブレコーダ取り付け

:

入れ換えるだけの単純作業。
なれど地味に面倒だったりする。

先ずは掃除。
ガラス面に残った両面テープの頑強な糊。
ガリガリ削り取って拭き掃除。

ヒューズボックス付近の
ETC とドラレコのごちゃ混ぜ配線を
引き直して。。。て。。。て。。。
( ̄▽ ̄;)
断線、これだわ!もう

:


Img_20180116_163316_crop_626x492


:
:

買い物して、引き直して
。。。。。

レンズの向きと、
バックミラー裏側に隠す為の位置合わせ。
マスキングテープで印、仮留めにて試験走行。

ここまでで三時間を費やすという体たらく
やっぱ辛いわあ
:


さて録画確認。
右上隅にバックミラーの付け根が
映りこんでしまった ( ̄▽ ̄;)
まあ想定内だけんどね

今回のモノは
ガラス貼り付け面から下に伸びるステーが長いため
従来より5cm以上も下に接着する必要があった。
この差が付け根の映り込み原因となったもよう。
本体自体は確実に小さくなっており
具合がよろしいのに残念な感じ。。。
まあ全体の見映えは慣れも必要かと

んでだ、
予め助手席側に付けた理由は
本体を横移動させて
付け根映り込みを回避すること。
両面テープ剥がして、
レンズの角度調整、位置合わせのやり直しです。
。。。綺麗に剥がれる!という謳い文句の
両面テープを使ったんだけどなあ
びくともせず!

寒い!次は春でいいかな

:
:

|

2018/01/12

ドライブレコーダー 

:

現状のドラレコは時計合わせが必要で、
SDカードの定期的なフォーマットもせんと
録画が上手く残ってないことがある
単に故障したのかもだけど
画質含め性能アップも期待して
新規に購入した

:

コムテック ドライブレコーダー GPS対応
ZDR-014P
¥19800
:
:

Img_20180112_091120648x460

:

待つこと3ヶ月?
やっとかいと手元にきたら
シガーソケット電源じゃないという。。。
(現状、シガーソケット。駐車監視不可)

今は常時電源、ACC電源はETCで
ヒューズボックスから
ヒューズ分岐より取り出している

だもんで
電気系統が大嫌いな自分は
もうこれ以上、直接、電源確保は無理!
オプション販売のシガーソケット買うかね。
駐車監視機能あるんだけどなあ。。。
仕方ないか


:
:
:

|

より以前の記事一覧